生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

  • TOP >
  • TOPICS >
  • ごはん >
  • 手間は少なく、食べ応えは十分! ラクラクおいしい「春のっけ弁当」

ごはん

FEATURE ARTICLES

手間は少なく、食べ応えは十分! ラクラクおいしい「春のっけ弁当」

更新日:2018年04月07日


新生活や行楽の春、ご飯を詰めて上からおかずをのせるだけの「のっけ弁当」はいかが?
ご飯を控えめにしても満足感たっぷりで、お弁当作りの負担がすっと軽くなる、ラクラクレシピをご紹介します。




汁けを上手に調節して味しみご飯を楽しみます

朝から作り始めてもラクラク、一品おかずののっけ弁当を教えてくれたのは、料理家の飛田和緒さん。「お肉と野菜を合わせて、冷めてもおいしい濃いめの味つけで。一品おかずでも満足感は十分です」

注意したいのは、おかずの汁け。「普通のお弁当でも大事なことですが、おかずをご飯にそのままのせるときは特に気を配ります。“つゆだく”になっては食べづらいですし、衛生面でも心配。今回はたれを後がけにしたり、卵でとじたりとひと工夫しています」

適度におかずの味がしみたご飯は、のっけ弁当の醍醐味。“ご飯でご飯がすすむ”楽しさを味わって。

Profile

料理家。身近な食材を使った、生活に根ざしたレシピが得意。本誌「にんたまじゃが」連載も人気。近著に『飛田和緒の 朝にらくする 春夏秋冬のお弁当』(NHK出版)



◆ 牛焼肉
材料(1人分)

牛薄切り肉(焼き肉用)... 100g
玉ねぎ ... 80g

作り方

  • 1 肉は常温にもどしておく。玉ねぎは輪切りにする。
  • 2 フライパンを熱して油なしで肉を焼く。あいているスペースで玉ねぎを焼く。
  • 3 火を止め、にらだれ大さじ2をかけてよくからめる。


◆ にらだれ
材料(作りやすい分量)

にら ... 5本
玉ねぎ ... 50g
にんにく、しょうが(みじん切り)... 各1片
酒、しょうゆ、砂糖

作り方

  • 1 にらは小口切り、玉ねぎはみじん切りにし、清潔な保存瓶に入れる。
  • 2 小鍋に酒1/3カップを入れて火にかけ、アルコールをとばし、火を止めてしょうゆ1/3カップ、砂糖大さじ1と1/2、にんにく、しょうがを合わせる。
  • 3 粗熱がとれたら、1の瓶に注ぐ。

POINT

にらだれは、常備しておくと便利。魚や野菜の炒めものにも使えて、お弁当はもちろん、普段のおかずにも。

【保存期間:冷蔵室で約10日】
 




多彩なバリエーションで組み合わせを自在に

野菜をたっぷりのせて、栄養もビジュアルもいいお弁当にしたくても、毎朝作るのは大変です。「時間があるときに作っておけば、のせるだけだから簡単。時間をおいた分味がしみ込んで、冷めてもおいしいのも利点です」と稲垣晴代さん。

作るコツは、「食感や味つけ、色や切り方、大きさに変化をつけること」。組み合わせを変えれば、印象も味わいも違うお弁当になり、毎日でも飽きません。「生でも、ゆでても、当日何か野菜を加えるのもコツ。フレッシュな食感を入れると、より新鮮に楽しめます」

Profile

フード・ケータリングユニット「MOMOE」主宰。調理師学校卒業後、飲食店での勤務を経て、独立。「MOMOE」の活動を中心に、雑誌や書籍でもレシピを発信。小学生女子の母でもある。http://momoegohan.com

◆ にんじんとかぶの塩きんぴら
材料と作り方(作りやすい分量)

  • 1 にんじん1本は薄い輪切り、かぶ2個は縦薄切りにする。
  • 2 フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱して1を入れ、塩小さじ1/4をふって炒める。しんなりしたら塩麹小さじ1/2を加えて炒め、ごま油小さじ1を回しかけて混ぜ合わせる。
【保存期間:冷蔵室で約10日】


◆ さつまいものメープル煮

材料と作り方(作りやすい分量)

  • 1 さつまいも2本は1cm厚さの輪切りにする。
  • 2 鍋に1、だし汁1と1/2カップ、メープルシロップ(またははちみつ)大さじ1、塩、しょうゆ各小さじ1/2を入れて中火で熱し、煮汁が半分になり、やわらかくなるまで煮る。
【保存期間:冷蔵室で約4日間】


◆ 菜の花のちりめんあえ
材料と作り方(作りやすい分量)

  • 菜の花1束は塩ひとつまみを加えたたっぷりの湯でゆで、冷水にとって水けをよくしぼり、3㎝長さに切る。ちりめんじゃこ大さじ2、しょうゆ大さじ1~2、ごま油小さじ1とよくあえる。
【保存期間:冷蔵室で約3日間】


◆ 大根ステーキ

材料と作り方(作りやすい分量)

  • 1 大根4.5cmは3等分の輪切りにし、塩ひとつまみをふってやわらかくなるまで蒸す。
  • 2 フライパンにごま油大さじ1を中火で熱し、1を並べ、両面焼き色をつけて白しょうゆ小さじ2(またはしょうゆ小さじ1)を回しかける。
【保存期間:冷蔵室で約4日間】


◆ ごぼうのみそあえ

材料と作り方(作りやすい分量)

  • 1 ボウルにみそ、みりん各大さじ1/2、しょうゆ小さじ1を入れて混ぜ合わせる。
  • 2 ごぼう1本は3cm長さの乱切りにし、190度に熱した揚げ油適量で素揚げし、揚げたてを1に加えてあえる。
【保存期間:冷蔵室で約3日間】


◆ そら豆のナムル
材料と作り方(作りやすい分量)

  • そら豆18粒はサッとゆで、あら熱がとれたら皮をむき、塩小さじ1/4とごま油小さじ1/2であえる。
【保存期間:冷蔵室で約3日間】


◆ 紫玉ねぎのナンプラーバター焼き
材料と作り方(作りやすい分量)

  • 1 紫玉ねぎ1個は1cm厚さの輪切りにする。
  • 2 フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、1を並べて塩小さじ1/4をふり、両面に焼き色をつける。酒1/4カップを加え、汁けが半分になるまで煮つめたらナンプラー大さじ1/2とバター10gを加えて煮つめる。
【保存期間:冷蔵室で約4日間】
 

[飛田さん] 撮影/三村健二
[稲垣さん] 撮影/寺澤太郎 スタイリング/稲垣晴代 
取材・文/諸井まみ(TEAM H!)



“着ぐるみ脂肪”を1枚脱いでカラダすっきり!
寒さで動かない冬の間に、厚~く積もってしまった皮下脂肪をなんとかしたい!そんなあなたに、簡単で毎日続けられて、確実に皮下脂肪を落とせる方法を緊急レクチャー!
「寝ながらバレエ」でカラダが軽くなる!
カラダがだるくて重いから何をやるのも面倒くさい…。そんな人にぴったりなのが「寝ながらバレエ」。朝晩ベッドの上でカラダを伸ばすだけで筋肉がほぐれて、疲れ知らずに!
私が40代で始めたこと、やめたこと
40代になってますます輝く皆さんのプライベートをちょっぴりのぞき見。新しく始めたこと、すっぱりやめたことからわかるそれぞれの変化を参考にして、毎日をポジティブに過ごしましょう。
ラクラクおいしい「春のっけ弁当」
新生活や行楽の春、ご飯を詰めて上からおかずをのせるだけの「のっけ弁当」はいかが? ご飯を控えめにしても満足感たっぷりで、お弁当作りの負担がすっと軽くなる、ラクラクレシピをご紹介。
ベルリン在住日本人ライターのがんばらない家事
日常の家事、大変だけれど仕方がないと思っていませんか? じつはもっと簡単にしても、案外生活は回るもの。ドイツ・ベルリンのシンプルな生活術をヒントにしてみましょう。
五明祐子さん流「永遠カジュアル」
ベーシックだけどさり気なくおしゃれなスタイルはぜひまねしたい! そんな五明さん流カジュアルスタイルのセオリーを教えていただきました。
ニッポンの豆皿
ちょこんとしたサイズ感がかわいくて、さまざまなシーンで使える豆皿。小ささゆえ比較的リーズナブルなのに空間に与える、その効果は絶大!
ココロが喜ぶ春の手みやげ
静岡・沼津にある雑貨店「hal」。店主を務める後藤由紀子さんは、たしかな目ききと、自然体な暮らしぶりで人気。後藤さんがおすすめする、出会いの季節に贈りたいお菓子をご紹介。
"頭皮の花粉症""持ち越し乾燥"から美髪を守れ!
春の髪は、花粉によるアレルギーや冬の乾燥などで、ダメージを受けています。放置しておくと、さらなる抜け毛や薄毛、白髪増加につながります。今すぐできるケアで、「美髪」をキープ!