生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

私が40代で始めたこと、やめたこと

更新日:2018年04月07日


歳を重ねるごとに、より前向きに美しくありたい…。
そんな理想を体現する、40代になってますます輝く皆さんのプライベートをちょっぴりのぞき見。新しく始めたこと、すっぱりやめたことからわかるそれぞれの変化を参考にして、毎日をポジティブに過ごしましょう。



菌活動を始めてから腸内環境が良好に

野菜ソムリエやホリスティックビューティの資格を取得するなど、30代の頃から美と健康への意識が高かった山口さん。そんな山口さんが40歳を迎えるにあたり、注目したのが腸内環境だったそう。

「30代の頃は、さまざまな情報を得ては試して、自分に合う合わないを取捨選択してきました。そんななか、40代に入ったところで、腸内環境をよくすると肌にも髪にも健康にもいいことを知り、良質な菌を腸内に取り入れるための〝菌活動〟にハマったんです。納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂取するのはもちろんのこと、ひよこ豆や大豆を使ったみそを手作りしています」 

山口さんと手作りみその出会いは、約3年前。福井県にある「マルカワみそ」というみそやオーガニック食品を販売するお店で、お子さんと一緒に手作りみそを造ったのが菌活動の始まりでした。

「人工的に作った菌ではなくナチュラルな麹菌を採取し、無農薬の大豆を使ってみそを造っている、まさにプロフェッショナルなお店なんです。素材や菌にこだわって造った手作りみそは本当に甘くおいしくて、それからというもの自宅でも手作りするようになりました。おみそのラベルを見てみると、じつは添加物やらいろいろ入っていることに気がついて…。手作りなら自分が納得した素材のみで造れますし、産地や造った人の顔がわかるものを選べば、より安心ですよね」。子どもたちにも、なるべくオーガニックなものを選んであげたい。そんな想いから、みそにとどまらず、さまざまな発酵食品を造り始めたとか。「ぬか床もありますし、甘酒も造ります。水なしの自動調理鍋は、甘酒が手軽に造れるので重宝しています!」 

菌活動を始めてからの変化について、「肌や髪がつややかになったという見た目の変化もありますが、それよりも長い目で見て健康でいられることのほうが自分にとっては重要。この先何十年と続く人生をより楽しむためにも、菌活はずっと続けていきたいですね」と語ってくれました。

気取らず飾らず会える、そんな関係が心地いい

菌活動のほかに、もうひとつ40代になって大切にしているのが、〝飾らない友〟だそう。「20~30代は、着飾って女子会をするのも楽しかったのですが、40代、というよりは子どもが生まれてからは、飾らずに会える友達の存在がとても大事になりました。自分の具合が悪いときに、すっぴんにパジャマ姿で夕飯のお裾分けを受け取れたり…。この間も、赤ちゃんがいる私を気づかって、スーパーまで友達が車を出してくれたんです。会ってみると2人ともすっぴん、しかも洋服も丸かぶりで。気負わず会えるっていいね~と、思わず笑っちゃいました。素の自分をさらけ出せたり、弱いときに手を差し伸べてくれる友達のありがたみが身にしみる今だからこそ、自分も友達にとってそういう存在でありたいと思います」

 

PROFILE

1977年東京都生まれ。タレント初の野菜ソムリエの資格を取得するなど、食に関する知見が深い。バラエティや情報番組に多数出演する中、2017年に第三子となる女児を出産。

トップス¥18,000、ジレ¥19,000、パンツ¥24,000/すべてEUROPEAN CULTURE(ストックマン) ブレスレット¥30,000/Perlagioneネックレス/私物

撮影/羽田 徹(biswa.) スタイリング/濱中麻衣子(Paulownia)  ヘア&メイク/HIROKO(SECESSION) 取材・文/和田美恵子



“着ぐるみ脂肪”を1枚脱いでカラダすっきり!
寒さで動かない冬の間に、厚~く積もってしまった皮下脂肪をなんとかしたい!そんなあなたに、簡単で毎日続けられて、確実に皮下脂肪を落とせる方法を緊急レクチャー!
「寝ながらバレエ」でカラダが軽くなる!
カラダがだるくて重いから何をやるのも面倒くさい…。そんな人にぴったりなのが「寝ながらバレエ」。朝晩ベッドの上でカラダを伸ばすだけで筋肉がほぐれて、疲れ知らずに!
私が40代で始めたこと、やめたこと
40代になってますます輝く皆さんのプライベートをちょっぴりのぞき見。新しく始めたこと、すっぱりやめたことからわかるそれぞれの変化を参考にして、毎日をポジティブに過ごしましょう。
ラクラクおいしい「春のっけ弁当」
新生活や行楽の春、ご飯を詰めて上からおかずをのせるだけの「のっけ弁当」はいかが? ご飯を控えめにしても満足感たっぷりで、お弁当作りの負担がすっと軽くなる、ラクラクレシピをご紹介。
ベルリン在住日本人ライターのがんばらない家事
日常の家事、大変だけれど仕方がないと思っていませんか? じつはもっと簡単にしても、案外生活は回るもの。ドイツ・ベルリンのシンプルな生活術をヒントにしてみましょう。
五明祐子さん流「永遠カジュアル」
ベーシックだけどさり気なくおしゃれなスタイルはぜひまねしたい! そんな五明さん流カジュアルスタイルのセオリーを教えていただきました。
ニッポンの豆皿
ちょこんとしたサイズ感がかわいくて、さまざまなシーンで使える豆皿。小ささゆえ比較的リーズナブルなのに空間に与える、その効果は絶大!
ココロが喜ぶ春の手みやげ
静岡・沼津にある雑貨店「hal」。店主を務める後藤由紀子さんは、たしかな目ききと、自然体な暮らしぶりで人気。後藤さんがおすすめする、出会いの季節に贈りたいお菓子をご紹介。
"頭皮の花粉症""持ち越し乾燥"から美髪を守れ!
春の髪は、花粉によるアレルギーや冬の乾燥などで、ダメージを受けています。放置しておくと、さらなる抜け毛や薄毛、白髪増加につながります。今すぐできるケアで、「美髪」をキープ!