生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

  • TOP >
  • TOPICS >
  • ビューティー >
  • #最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース

ビューティー

FEATURE ARTICLES

#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース

更新日:2018年02月07日

今年、10年ぶりに改訂された『広辞苑』にも追加された「デトックス」という言葉。具体的には、食べものに含まれる水銀や亜鉛、ヒ素、アルミニウムなど、カラダにとって有害なミネラルを一般的に「毒素」といい、これらを排出するという意味ですが、正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!


下の細長い「熈代勝覧(きだいしょうらん)」という、文化2(1805)年の江戸の日本橋を描いた大絵巻。よく見ると、薬屋とおぼしき店の軒先には「けとく」の看板が! 解毒という考え方はこの時代からあったのです。



 

知っているようできちんと知らないデトックスのこと。saitaリーダーズたちの素朴な疑問に、3人の医師が答えてくれました!

教えてくれたのは…



賀来怜華先生 内科医。ウェルネスクリニック神楽坂院長。疲労、肥満など慢性疾患の原因を解明し、ダメージを受けたカラダの機能を多角的に修復する画期的な方法で治療を行っている。著書に『太りたくなければ、体の「毒」を抜きなさい!』(三笠書房)。



大森隆史先生 内科医。Gクリニック院長。16年前に、日本ではじめてデトックスという言葉を使い、大ブームに。デトックス治療を軸にしょう害児やがん患者の治療なども行っている。著書に『「重金属」体内汚染の真実 ―ほんとうのデトックスのすすめ』(東洋経済新報社)。



西田陽司先生 医学博士。広島大学病院内科、ナチュラルクリニック銀座院長などを経て、東京ユニバースクリニック院長。東洋医学にも造詣が深く、西洋と東洋の両方から治療にあたっている。共著に『自律神経を整えて超健康になるCDブック』(マキノ出版)。



「体質はもちろん、その人が普段どのような生活を送っているかによって、毒素のたまり具合も、出ていく時間も変わってくるので、一概にはいえません。それよりも、まずは身の回りにある毒素となるものを知り、それを避けるような生活を心がけ、気になるようなら医師に相談してみましょう」(賀来先生)

 


毒素は主に食物を通じて体内に取り込まれます。まずは「ためない生活」が何より大事ですが、ここでは日々の生活のなかで実践できる、3名の専門医おすすめの効果の高いデトックス法をご紹介します。



「血管をきれいにし、血液をサラサラにすることで有名な玉ねぎですが、血管の壁がきれいになることこそ、まさにデトックス。玉ねぎは1年を通して手に入り、値段も手頃。毎日食べることを心がけましょう」(大森先生)


参考資料:田村哲彦著『からだに効く食べ物事典』(主婦の友社)




「毒素が含まれる食べものを食べることで、体内で促進されるカラダの酸化。それに対抗する働き(=抗酸化作用)が高い食べもののひとつがパクチー(=コリアンダー、香菜)です。好みが分かれますが、ぜひ積極的にとりましょう」(大森先生)



参考資料:重金属による身体への影響(肌への影響・便秘・免疫力の低下)奇跡のハーブパクチHPの分析結果より





「腹式呼吸でゆっくり鼻から息を吸ったら、息を止めて意識をへそから親指3本分下にある丹田(たんでん)に。それからゆっくり吐きます。体内のいらないものを外に出し、きれいなものや澄んだものを取り込むイメージをしながら行うことがデトックスに効果的」(西田先生)

息を吐くときには不要なものを出し、吸うときには美しいものをカラダに入れていくイメージで。

 
イラスト/別府麻衣 取材・文/長谷川 華



カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。