生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

  • TOP >
  • TOPICS >
  • ごはん >
  • 冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」

ごはん

FEATURE ARTICLES

冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」

更新日:2018年02月07日

焼き立てのにおいを想像しただけでも幸せな気持ちになれる手作りパン。でも、普通に作ると工程が複雑で、時間もかかりますよね。そこで“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!

教えてくれたのは 吉永麻衣子さん



パン・料理家。おうちパンマスター代表講師。自身のパン教室は、忙しい女性でも毎日焼けるパンレシピと、子連れOKのスタイルが人気。雑誌やweb、講習会などでも幅広く活躍。著書に『冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン』(主婦の友社)、『簡単もちもちスティックパン』(新潮社)など。



必要な道具は100円ショップでも手に入ります

大きめの浅型保存容器(写真は幅18×奥行き26×高さ5cm/容量2.6L)と、液体の材料とドライイーストを混ぜるボウルは、口が広めのもの(写真は内径15cm)がおすすめ。カードやスケッパーがあるとスムーズです。





わざわざ用意する基本の材料は、強力粉とドライイーストだけ!

パン作りには強力粉が必要。イーストは、ここではドライイースト(予備発酵不要のインスタントタイプ)を用意してください。あとは家によくあるもので、牛乳、塩、砂糖、バター。バターは食塩使用のものでも大丈夫です。





パン生地を作った保存容器で、そのまま発酵&保存

パン生地は、大きめの浅型保存容器の中でこね、その保存容器のまま冷蔵室に入れて、8時間以上発酵させます。毎日丸めなおせば、5日間は保存可能。必ず、手を清潔にしてから作業してください。





保存容器のふたを使って、食べる分だけ焼く前にカット

食べたい分だけパン生地をカットして焼きます。このとき、保存容器のふたを台にすると便利。オーブントースターなら予熱不要、短時間でおいしく焼けます。



撮影/寺澤太郎 スタイリング/澤入美佳 取材・文/高丸昌子



%MCEPASTEBIN%
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。