生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

アラフォー女性に急増中!年末年始はデブ肝臓にご用心!

更新日:2017年12月07日

忘年会や新年会で飲食の機会が増える時期ですが、暴飲暴食をしなくても、体型がスリムでも、「デブ肝臓(脂肪肝)」になる女性が増えています。放置すると肝機能が低下してしまうおそれも。上手に解消しましょう!


最近お酒に弱くなった…、やせにくいのはどうして? 不調を感じるsaitaリーダーズ2人が、栗原先生に疑問をぶつけてきました。

教えてくれたのは 栗原 毅先生


医学博士。栗原クリニック東京・日本橋院長。慶應義塾大学特任教授。前東京女子医科大学教授。『脂肪肝はちょっとしたコツでラクラク解消する』(河出書房新社)など著書多数。


初耳の“デブ肝臓”という言葉と、栗原先生の説明に興味津々のsaitaリーダーズ、安西さんと奈良崎さん。


肝臓は、余分なエネルギーを中性脂肪に変えて蓄積し、必要に応じてエネルギーとして使えるようにしています。中性脂肪がたまり過ぎて“デブ肝臓”になると、肝機能が低下してエネルギー変換が上手くいかなくなり、さらに脂肪がたまって代謝の悪いカラダに。結果として、ダイエットしてもやせにくくなり、少しの食事量でも太りやすくなるのです。

肝臓の働きは、人間が生きていくために欠かせません。食事をして胃や腸で吸収・分解された栄養素は肝臓に運ばれ、ほかの臓器や組織で活用しやすいように分解・再合成されます。エネルギー供給も、肝臓の仕事のひとつです。アルコールなどの化合物を分解・解毒し、胆汁を介して老廃物を体外へ排泄する働きもあります。


撮影/合田和弘(読者)、安井真喜子(静物) イラスト/松元まり子 取材・文/安達純子



カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。