生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

「下がり鎖骨」注意報! V字回復、狙います

更新日:2017年11月07日


首や肩のつらいコリの原因に新事実が発覚! それが「下がり鎖骨」です。放っておくとコリが悪化するだけでなく、手のしびれや冷え、動悸、さらには抑うつ状態になることも。コリをほぐしてV字ラインの鎖骨を目指しましょう。

【左】本来の鎖骨は、肩から首に向かってVの字型に傾斜しています。理想的な角度は約15度。肩や肩甲骨の動きもスムーズな状態。

【右】鎖骨の両端が下がり床とほぼ平行になり、ろっ骨との隙間が狭くなった状態。なで肩で筋肉が少ない女性は体質的になりやすい傾向が。

資料提供/東京医科大学病院

首から背中に広がる僧帽筋(そうぼうきん)の深層部には、肩甲骨の動きにかかわる菱形筋といったインナーマッスルがあります。これらの筋肉の緊張が続くと下がり鎖骨の原因に。深層部にある筋肉なのでマッサージだけではほぐれません。


ベアトップ/スタイリスト私物


鎖骨と肩甲骨を立体的に動かすことで、緊張してかたまってしまった筋肉がほぐされ、カラダのコリや痛みがやわらぎます。リンパの流れもよくなるので、鎖骨がくっきりして美しく見える効果も!

両脚を肩幅に開いて立ち、軽く腰を曲げて前かがみになり、軽く曲げた両腕を耳の高さまで上げる。その姿勢で、肩を後ろから前にぐるぐる回す。イメージはひじを曲げたままのクロールで、右かき左かきを1回とカウントし5回を3セット。リズミカルに肩甲骨からしっかり動かすのが肩こりに効かせるコツ。

キャミソール ¥6,500、レギンス ¥10,000/ともにsuria(インターテック)


撮影/徳永 徹 スタイリング/黒澤圭子 ヘア&メイク/木村三喜 モデル/殿柿佳奈 イラスト/こむひろ 取材・文/平川 恵



時間がない人の「上手な休み方」 自律神経ケアでパッと疲れがとれる!
しっかりカラダを休めたはずなのに、疲れが残っている…その原因は、自律神経の乱れにあるかも!? そもそも「休む」とは、「動かないこと」ではないんです!
代謝が上がって、やせ体質になる!ラム肉の冬ごちそう
スーパーでも見かける機会が増えてきたラム肉。カラダを温める効果があり、肌寒い今の時期が食べ頃の食材です。脂肪の燃焼を促進するという嬉しい働きも。おいしくて簡単なラム肉料理をご紹介します。
「下がり鎖骨」注意報! V字回復、狙います
首や肩のつらいコリの原因に新事実が発覚! それが「下がり鎖骨」です。放っておくとコリが悪化するだけでなく、手のしびれや冷え、動悸、さらには抑うつ状態になることも。
体幹リセット! ワンポーズストレッチ ダイアリー
ワンポーズ60秒のお手軽ストレッチで、年末までにやせやすいカラダに生まれ変わる!1か月後の自分に目を見張るはず!
贈り上手なあの人から、 気のきいたプレゼントを教わりました カラダにおいしいカジュアルギフト
お歳暮やお中元が年々カジュアルになってきたり、プチギフトを贈り合う機会が増えています。せっかく贈るならカラダにいいもの、そして、こんなセンスあふれるものを贈りませんか?
美文字が書ける人は内面も美しい
文字はていねいに書くと、気持ちが落ち着きます。書と向き合って内面を見つめ、ココロを整えてみませんか。
すっきり! 細見せ「ニットワンピ」
1枚着るだけでサマになるニットワンピースは忙しい朝の味方! それにじつは選び方次第で着やせして見えるんです。気になる部分をカバーして着映えする1枚と、それに合わせた靴を選んで、冬でもすっきり見せを目指しましょう。
目指すべきは、感じのいい「薄づき」肌美人!
大人になった自分が一番輝くナチュラルメイクを、雑誌をはじめあらゆるメディアで引っ張りだこのAYAさんが指南!
いつもの食材3つで薬膳効果!「おくすり野菜鍋」
寒~い冬、鍋料理の出番が多くなります。いつものお鍋に「医食同源」の薬膳の知識を取り入れれば、美容と健康をサポートするおいしい”おくすり鍋”になるんです。