生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

「天然のデンタルリンス」を増やして美歯づくり

更新日:2017年09月07日

スキンケアはていねいにするのに、歯のケアには無頓着という人も多いのでは? 美肌ならぬ美歯をつくるには、実は唾液の量や質が関係しているそうなのです!

教えてくれたのは 石井さとこ先生


歯科医師。「ホワイトホワイト デンタルクリニック」(http://www.whitewhite.jp/)院長。歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。著書に『口元から美人になる52の法則』(講談社)。歯にやさしい薬用歯磨きジェル「ティースドロップ」のプロデュースもしている。



歯周病とは、歯垢の中にひそむ歯周病菌が歯周ポケット内に居座り、歯茎の炎症を起こし徐々に歯や骨を溶かしてしまう病気のこと。アラフォー世代から急増するという歯周病から美歯を守るためにも、きちんとケアをしましょう。

口臭が気になる

 歯茎の色が赤い、または黒っぽくくすんでいる

 歯茎が腫れている

 歯磨きをすると、歯茎から出血する

 朝起きたとき、口の中がねばつく

唾液には、口内を清浄して菌を除去、また酸性に傾いた口内を中性に戻す「抗菌・洗浄・中和」の働きにより、菌の増殖を抑えて歯周病を防ぐ効果があります。サラサラで質のよい唾液は、口内環境を正常にしてきれいに保つことができる、まさに天然のデンタルリンスです。

歯や口内を守る健康な唾液はネバネバではなく、サラサラしています。サラサラした唾液には「パロチン」という成長ホルモンの一種が含まれます。「パロチン」は、歯や骨、粘膜などを丈夫に保つだけでなく、皮膚の新陳代謝を促して美肌へ導くうれしい効果もあります。

 

イラスト/オオスキトモコ 取材・文/高野 瞳



ストレス太りは本当だった! ココロをゆるめれば、下腹からやせていく!
じつは、ストレスがカラダのたるみに関係しているんです。そしてなんとそのストレス解消に、横隔膜と股関節が大きく関係していることが判明! これらをほぐして、健康的に下腹からどんどん引き締めていきましょう!
「乳がん」になってわかった「私」のこと
今や、日本人の2人に1人ががんになる時代。病気になってはじめて、自分の弱さ、強さに気がつく。それを受け入れて闘病を乗り越え、今、自分自身を見つめ直している5人の方にお話を伺いました。
カラダにおいしい! 献立がぐっと引き締まる! 「ほろ苦」料理の楽しみ方!
新しい大人の味として注目されている、「苦み」を効果的に使った「ほろ苦」レシピ。どれも身近な食材で試せるものばかりなので、食欲の秋、味わいの世界を広げてみませんか?
暮らしを映す“、だし使い”と普段料理
上手にだしとつきあう方々に、暮らしに合わせた取り入れ方や、普段食べている、だしのきいた料理を教えていただきました。
特別付録 読むだけでやせる女医の言葉 猫日めくり
めくるたびに、ココロ癒やされる猫たちと、読むたびに、カラダ引き締まる生活習慣改善アドバイス。
肩のこらないラクチンアイテム オフの日スタイルは「パーカ」で細見せ!
この秋は大人が着てもかっこいい、そして細見えする、上質な一枚を手に入れて着こなしをアップデートしましょう!
人気インスタグラマーの暮らしSNAP
今やインスタグラムはただのSNSにあらず、トレンドと知恵が集まる場所! 人気インスタグラマー13人の魅力とともに、インスタグラムに集まったワザありpostをご紹介します!
「フードロス」を減らすために、今日からできること
世界には飢餓に苦しむ人がいれば、日本でも貧困格差が問題に。一方で、まだ食べられるものを捨てているフードロス。日本はその半分近くが一般家庭から! 身近な大問題に迫ります。
人間関係の断捨離で時間とお金に余裕ができた!
友人知人は数が勝負とばかりに人脈を広げたら、おつきあいに費やす時間やお金がかさみ、かえって重荷に…。そんなときは、思いきって人間関係の断捨離を! ココロにもゆとりが生まれます。
「天然のデンタルリンス」を増やして美歯づくり
スキンケアはていねいにするのに、歯のケアには無頓着という人も多いのでは? 美肌ならぬ美歯をつくるには、実は唾液の量や質が関係しているそうなのです!