生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

「天然のデンタルリンス」を増やして美歯づくり

更新日:2017年09月07日

スキンケアはていねいにするのに、歯のケアには無頓着という人も多いのでは? 美肌ならぬ美歯をつくるには、実は唾液の量や質が関係しているそうなのです!

教えてくれたのは 石井さとこ先生


歯科医師。「ホワイトホワイト デンタルクリニック」(http://www.whitewhite.jp/)院長。歯のホワイトニングを日本で広めた第一人者。著書に『口元から美人になる52の法則』(講談社)。歯にやさしい薬用歯磨きジェル「ティースドロップ」のプロデュースもしている。



歯周病とは、歯垢の中にひそむ歯周病菌が歯周ポケット内に居座り、歯茎の炎症を起こし徐々に歯や骨を溶かしてしまう病気のこと。アラフォー世代から急増するという歯周病から美歯を守るためにも、きちんとケアをしましょう。

口臭が気になる

 歯茎の色が赤い、または黒っぽくくすんでいる

 歯茎が腫れている

 歯磨きをすると、歯茎から出血する

 朝起きたとき、口の中がねばつく

唾液には、口内を清浄して菌を除去、また酸性に傾いた口内を中性に戻す「抗菌・洗浄・中和」の働きにより、菌の増殖を抑えて歯周病を防ぐ効果があります。サラサラで質のよい唾液は、口内環境を正常にしてきれいに保つことができる、まさに天然のデンタルリンスです。

歯や口内を守る健康な唾液はネバネバではなく、サラサラしています。サラサラした唾液には「パロチン」という成長ホルモンの一種が含まれます。「パロチン」は、歯や骨、粘膜などを丈夫に保つだけでなく、皮膚の新陳代謝を促して美肌へ導くうれしい効果もあります。

 

イラスト/オオスキトモコ 取材・文/高野 瞳



時間がない人の「上手な休み方」 自律神経ケアでパッと疲れがとれる!
しっかりカラダを休めたはずなのに、疲れが残っている…その原因は、自律神経の乱れにあるかも!? そもそも「休む」とは、「動かないこと」ではないんです!
代謝が上がって、やせ体質になる!ラム肉の冬ごちそう
スーパーでも見かける機会が増えてきたラム肉。カラダを温める効果があり、肌寒い今の時期が食べ頃の食材です。脂肪の燃焼を促進するという嬉しい働きも。おいしくて簡単なラム肉料理をご紹介します。
「下がり鎖骨」注意報! V字回復、狙います
首や肩のつらいコリの原因に新事実が発覚! それが「下がり鎖骨」です。放っておくとコリが悪化するだけでなく、手のしびれや冷え、動悸、さらには抑うつ状態になることも。
体幹リセット! ワンポーズストレッチ ダイアリー
ワンポーズ60秒のお手軽ストレッチで、年末までにやせやすいカラダに生まれ変わる!1か月後の自分に目を見張るはず!
贈り上手なあの人から、 気のきいたプレゼントを教わりました カラダにおいしいカジュアルギフト
お歳暮やお中元が年々カジュアルになってきたり、プチギフトを贈り合う機会が増えています。せっかく贈るならカラダにいいもの、そして、こんなセンスあふれるものを贈りませんか?
美文字が書ける人は内面も美しい
文字はていねいに書くと、気持ちが落ち着きます。書と向き合って内面を見つめ、ココロを整えてみませんか。
すっきり! 細見せ「ニットワンピ」
1枚着るだけでサマになるニットワンピースは忙しい朝の味方! それにじつは選び方次第で着やせして見えるんです。気になる部分をカバーして着映えする1枚と、それに合わせた靴を選んで、冬でもすっきり見せを目指しましょう。
目指すべきは、感じのいい「薄づき」肌美人!
大人になった自分が一番輝くナチュラルメイクを、雑誌をはじめあらゆるメディアで引っ張りだこのAYAさんが指南!
いつもの食材3つで薬膳効果!「おくすり野菜鍋」
寒~い冬、鍋料理の出番が多くなります。いつものお鍋に「医食同源」の薬膳の知識を取り入れれば、美容と健康をサポートするおいしい”おくすり鍋”になるんです。