生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!

更新日:2017年08月07日

毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。摂取量も多くなりますよね。でも、ちょっと待って! 人のカラダの約60%はその水でできているんです。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、少し無頓着になっていませんか? カラダの中の「水」がうまく循環しないと、老廃物がたまり、よどんで、滞り、ときには毒になることさえあるといいます。それがさまざまなプチ不調を引き起こす原因になるというのだから、無関心ではいられません。健康ときれいのため、まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。

体重の約60%を占める体内の「水」こそが、体調を決めるカギ。体内を流れる水分を「体内水」と名づけ、その量や流れ、そしてよどみを改善することで、原因不明のプチ不調を治療してきた森下克也先生に伺いました。

お話を伺った方 心療内科医・もりしたクリニック院長 森下克也先生

全国から訪れる不定愁訴や自律神経失調症、うつ、睡眠障害などの患者に対し、漢方と西洋医学によるきめ細かな治療を行う。水飲みの指導で、多くの患者の原因不明の不調が改善。『医師が教える 不調を治す水の飲み方・選び方』(KADOKAWA)ほか著書多数。

体内水の異常は、大きく分けて、「むくみ」タイプと「慢性脱水症」タイプの2つに分かれます。病院の検査ではわからず、手がかりは、日頃感じているプチ不調。チェックリストの症状にあてはまる数により、自分がどちらかがわかります。

むくみさんチェックリスト

 

カラダがだるい

手足がこわばる

 手足のしびれがある

 カラダのどこかに痛みがある

 生理不順、おりものなどが慢性的に続いている

 生理前のイライラや落ち込みが激しい

 頭が重かったり痛かったりする

 めまいや立ちくらみがする

 動悸がする

 乗り物酔いしやすい

 吐き気やげっぷ、おなかの張りがある

 便がやわらかい

 おしっこの出が悪い

 梅雨どきに体調が変化する

 慢性的な冷え性に悩まされている

 のどが詰まった感じがする

 胃がもたれる

 鼻水、せき、たん、鼻づまりが続いている

むくみさんチェックリスト


慢性脱水症さんチェックリスト

 

疲れやすい

 口の中がねばつく

 目が乾く

 口臭がひどくなった

 味を感じにくくなった

 まぶたや手足の筋肉がピクピクする

 微熱が続く

 おしっこの回数が減った

 頭痛が続く

 甘いものを好むようになった

 肌が荒れる

 シミができやすい

慢性脱水症さんチェックリスト

「3・5・4」飲みで体内水を入れかえる!

むくみや慢性脱水症は、ストレスが引き金となって起こることもあるけれど、多くの場合、水の飲み方の間違いから。1日に飲む水の量の分け方を表した「3・5・4」飲みで、毎日体内から出ていく水をきちんと補って取り込み、過不足なくすることで、よどんだ体内水がリフレッシュ。サラサラと流れ出します。

「3・5・4」飲みで体内水を入れかえる!「3・5・4」飲みで体内水を入れかえる!

「3・5・4」飲みで体内水を入れかえる!

カルシウムとマグネシウム豊富な硬水は、
さまざまなミネラル成分も多く含み、「3・5・4」飲みにおすすめです。

「3・5・4」飲みで体内水を入れかえる!

構成・取材・文/BEAM(前中葉子、鈴出智里) 撮影/岩澤修平(商品) イラスト/shiori デザイン/BEAM(清水優子) 画像提供/ピクスタ



「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!