生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ファッション

FEATURE ARTICLES

秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!

更新日:2017年08月07日

まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!この秋、注目の色みやフォルムで選んだ濃色トップスと、それらを使った夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介します。


フォレストグリーンで秋一番乗り!

ボトムスは夏のままでトップスをスイッチ! ドロップショルダーのVネックニットは、さらりとした素材だから暑い時季からOK。深みのあるグリーンはこの秋注目カラーのひとつ。トップス¥8,000/マイセルフ アバハウス(アット シェルタ) パンツ¥4,900、サンダル¥4,900/ともにセンスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店) バングル¥11,000/ナバホ ジュエリー(ザ コモン テンポ 原宿)バッグ¥13,800/ヤーキ(ショールームセッション) スカーフ¥11,000/マニプリ(アーバンリサーチ 表参道ヒルズ店) 

 


ノーブルな配色で楽しむ初秋のノースリーブスタイル

この秋はグリーン系に加え、深みのある赤系の色みもトレンドのひとつ。バーガンディとベーシックカラーのネイビーとの組み合わせが洗練された大人を感じさせます。トップス¥2,223/Gap(Gapフラッグシップ原宿) パンツ¥8,990/プラステ(リンク・セオリー・ジャパン) サングラス¥36,000/オリバーピープルズ(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)  バングル¥18,000/アトリエ ニノン バッグ¥24,500/エルベシャプリエ(エルベ シャプリエ代官山店) 靴¥5,800/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

 

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリング/福田麻琴 ヘア&メイク/麻生陽子(illumini.) モデル/ナオ、今井リカ 取材・文/早島芳恵

 



「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!