生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ごはん

FEATURE ARTICLES

バットでボウルで大人の涼感スイーツ

更新日:2017年08月07日

夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが? おもてなしに、お持たせに、この季節にぴったりの、大人が楽しめるスイーツをご紹介します。

Plofile 黒川愉子さん



料理研究家。立教大学フランス文学科卒業後、川上文代氏に師事。パリの『リッツ・エスコフィエ』にてディプロマを取得後、フランスの家庭料理も学び、独立。著書に『BOWL CAKES』(主婦と生活社)など。

※今回のレシピは、縦約24cm×横約20cm×高さ約3.5cm、容量約1Lの角バットが目安です。

 保存期間: 冷蔵室で約1日 

桃の皮がむきにくいときは、湯むきがおすすめ。つるんときれいにむけます。ロゼワインで作ってもフォトジェニック!

材料(バット1台分、3~4人分)

白桃 … 2個
エディブルフラワー … 適量
粉ゼラチン … 10g

A
 白ワイン … 1と1/2 カップ
 水 … 1 カップ 
 グラニュー糖 … 大さじ2

下準備
・ゼラチンは水60mlにふり入れ、ふやかしておく。

作り方

  • 1 鍋にAを入れて中火にかけ、フツフツしてきたら火を止め、ゼラチンを加えて溶かして混ぜる。鍋底を氷水に当て、ヘラで混ぜながら冷ます。
  • 2 白桃はくし形に切ってバットに並べ入れ、1を8分目まで流し入れる。エディブルフラワーを散らし、冷蔵室に30分ほどおく。残りのゼリー液は、固まらないよう氷水からはずしておく。
  • 3 ゆるく固まってきたら残りの1を流し入れ、再度冷蔵室で1時間半ほど冷やし固める。


桃が表面に浮いてしまうので、ゼリー液は8分目まで入れて固めてから、残りの液を入れる。

※今回のレシピは、直径約18cm×高さ約8cm、容量約1Lのボウルが目安です。

 保存期間: 冷蔵室で約1日 

口あたりのいいソースには、生のいちごより繊維が壊れている冷凍がおすすめ。底が平らなボウルがベターです。

材料(ボウル1個分、3~4人分)

冷凍いちご … 400g
グラニュー糖 … 50g
キルシュ(あれば) … 小さじ1/2

A
 生クリーム … 3/4 カップ
 グラニュー糖 … 大さじ3

マスカルポーネチーズ … 250g
スポンジケーキ(市販品) … 1台
粉砂糖 … 適量 

下準備
・スポンジはカットされていなければ厚みを半分に切り、さらにボウルの直径に合わせて切っておく。
 

作り方

  • 1 冷凍いちごは自然解凍して密閉式保存袋に入れ、めん棒などを使ってつぶす。
  • 2 鍋に1を入れ、グラニュー糖を加えて中火にかけ、混ぜなが5分ほど加熱し、ゆるいとろみのついたソースにする。あればキルシュを加え、冷ます。
  • 3 ボウルにAを合わせ、底を氷水に当てながら6分立てに泡立て、マスカルポーネチーズを加えて混ぜる。
  • 4 ボウルに3の半量を入れ、スポンジ1枚をのせる。2のソースを流し入れ、残りの3とスポンジをのせ、冷蔵室で1時間ほど冷やす。仕上げに粉砂糖をふる。


密閉式保存袋に入れてつぶすとムラなくつぶせ、調理器具も汚れず便利。

撮影/柳詰有香 スタイリング/河野亜紀 取材・文/諸井まみ(TEAM H!)
※容器の容量はメーカーや形状によって異なりますのでご注意ください。



「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!