生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ごはん

FEATURE ARTICLES

飛田和緒さんの夏の一汁一菜

更新日:2017年08月07日

大好き!アボカド

どんなに忙しくても休めない、日々の食事作り。ましてや暑い夏、台所仕事はひと苦労です。「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。気疲れしない献立作りの考え方、おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。

飛田和緒(ひだかずを)さん

料理家。身近な食材を使った、生活に根ざしたレシピが得意。気負わず無理のないスタイルは、一汁一菜の献立作りにも息づく。小誌「にん・たま・じゃが献立」連載も人気。

肉や魚のタンパク源に、たっぷりの野菜を組み合わせてメインのおかずに仕上げます。夏のさっぱり仕上げでも、満足感はばっちり!

鶏肉のさっぱり煮献立

夏の野菜を夏らしくさっぱりと、お酢と合わせて蒸し煮に。肉も野菜もひと口で食べやすく、黒こしょうがアクセントです。さっぱりおかずに合わせるスープは、まろやかなコクの豆乳ベース。

鶏肉のさっぱり煮

材料(2人分)

鶏もも肉 … 大1枚(約250g)
パプリカ(赤、黄)… 各1/2個
玉ねぎ … 1/2個
ズッキーニ … 1/2本
にんにく … 1片
塩、黒こしょう、オリーブオイル、バルサミコ酢、粗びき黒こしょう

作り方

  • 1 鶏肉はさっと水洗いしたあと、よく水けを拭きとる。余分な脂を除いてひと口大に切り、塩小さじ1と黒こしょう少々をすり込んでおく。パプリカ、玉ねぎ、ズッキーニはそれぞれひと口大に切る。にんにくは薄切りにする。
  • 2 厚手でふたのしっかりと閉まる鍋に、にんにくとオリーブオイル大さじ3を入れて弱めの中火にかける。にんにくが香ばしくなってきたら、鶏肉、野菜の順に加えて炒め、全体にオイルがからんだら、ふたをして20分蒸し煮にする。
  • 3 バルサミコ酢小さじ2を加え、ふたをしてさらに3分蒸し煮にする。
  • 4 器に盛り、あらびき黒こしょう適量をふる。
  • バルサミコ酢は完成の直前に回しかける。香りがたち、さわやかな風味に仕上がる。

つぶつぶコーンスープ

材料(2人分)

ゆでとうもろこし … 1本
玉ねぎ … 1/4 個(50g)
だし汁 … 1カップ
豆乳 … 1カップ
バター、塩

作り方

  • 1 とうもろこしは粒を切り出す。玉ねぎはみじん切りにする。
  • 2 小鍋を中火にかけ、バター小さじ2を溶かし、玉ねぎととうもろこしを軽く炒め、だし汁を加えて煮る。
  • 3 玉ねぎに火が通ったら豆乳を加え、弱火で温め、塩小さじ1/3~1/2で味を調える。

撮影/吉田篤史 スタイリング/久保原惠理



「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!