生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ビューティー

FEATURE ARTICLES

「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!

更新日:2017年08月07日

暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない、 エアコン冷え、むくみ太りが気になる…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。 この特集ではストレッチやマッサージ、食事のコツなどで 全身をやわらかく保つための方法をご紹介しています。 ぜひ、試してみてください。

波瑠さん

2006年WOWOWで女優デビュー。その後、映画、ドラマ、CMと活躍の幅を広げる。2017年エランドール賞を受賞した最注目の若手実力派女優。

トップス¥49,000/サイ、デニム¥24,000/サイベーシックス(ともにマスターピースショールーム) バングル¥8,000/ヨキ(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店) 靴/スタイリスト私物

撮影/須藤敬一 スタイリング/福田麻琴 ヘア&メイク/中村未幸(Lila) 取材・文/前田聡美

ココロもカラダも疲れやダルさが抜けないなら、伸びをして、こりをほぐすことから始めて。
深層リンパストレッチで、たまった疲れを気持ちよくとりましょう。

教えてくれたのは加藤雅俊さん


日本ホリスティックセラピストアカデミー校長。薬剤師であり予防医療家。著書に『不調が治って気持ちいい! 10秒リンパストレッチ』(WAVE出版)ほか。

深層リンパストレッチ3か条

胸のリンパ流し

胸の中心にある大胸筋を伸ばすと、リンパ節が集中する胸のリンパ管の働きが活発になり、免疫力がパワーアップ。

①背すじを伸ばし、脚を肩幅に開いて立ち、両手を後ろで組む。視線はまっすぐ前へ向け、胸を張る。

②肩甲骨を内側に引き寄せながら、組んだ手を下に引っ張り、顔を上げる。さらに組んだ手を上げて胸を開き、10秒キープ。

タンクトップ¥11,389/イージーヨガ(イージーヨガ ジャパン) レギンス¥8,900/beyond yoga(プラヴィダ)

【左】筋肉がかたくこっていると、筋肉の間を流れるリンパ管を圧迫して、リンパの流れが滞る。
【右】筋肉をほぐすと筋肉に圧迫されたリンパ管が元の状態に戻り、リンパの流れが改善。


リンパ節が集まる、脇の下や鎖骨を強くもんではダメ。リンパ節はタンパク質でできているので、強くもむと壊れてしまう可能性が。

背中のリンパ流し

面積の広い背中はこりがたまりやすい場所。背中の深層リンパを刺激して血流がよくなると、カラダが軽くなります。

①脚を肩幅に開いて立ち、両手を組んで、肩の高さで前に上げる。

②ひざとひじを軽く曲げ、あごを引き、背中を丸めながら両肩を前に押し出す。背中が伸びたら、10秒キープ。

【左】ひじが軽く曲がり、あごを引いた状態で、肩が前に押し出されているのが正しい腕の位置。
【右】ひじを伸ばして、腕を前に出しただけでは、背中の両脇に広がる広背筋は伸びません。

下半身のリンパ流し

股関節を開くと下半身のリンパが集まるそけい部のリンパ節の流れがよくなり、足腰のむくみや疲労が解消します。

①肩幅の約3倍を目指して、脚を大きく開く。つま先はひざの向きと同じ外側に開く。背すじはまっすぐ、両手はカラダの横に。

②両手はひざの上に、かかとは床につけたまま、ゆっくりと、できるだけ深く腰を落とす。

③腰を落としたまま、背すじを伸ばしてかかとを上げたら10秒キープ。きつければ、②のポーズで10秒キープでもOK。

上体が前かがみになると、脚に負荷がかからないのでNG。腰は真下に落とすように。

撮影/福島章公 スタイリング/田中祐子 ヘア&メイク/千葉智子 モデル/殿柿佳奈 イラスト/itabamoe 取材・文/山本美和

セルフ足裏マッサージで今すぐ解毒!

ガチガチになった足をやわらかくし、老廃物の排出に効果的と評判なのが、足ツボ師Mattyさん秘伝の足裏マッサージ。持田香織さんとともにトライ!

挑戦したのは持田香織さん

Every Little Thing 人気ヴォーカル。メナード「フェアルーセント」2017 CMソングの新曲「RIDE IT OUT」が話題。20周年記念DVD「Every Little Thing 20th Anniversary LIVE“THE PREMIUM NIGHT” ARIGATŌ」も好評発売中。

ピンクニット¥42,000/humoresque パンツ¥17,000/Cul de Sac ピアス/スタイリスト私物

教えてくれたのはMatty(マティ)さん

自身の体調不良を台湾式足ツボでなおした経験をもとに足ツボ師に。現代人の不調に応じた即効性の高い「Matty式足ツボ」を確立。著名人の顧客も多数。著書に『Mattyのまいにち解毒生活』(講談社)などがある。

セルフ足裏マッサージで今すぐ解毒!

セルフ足裏マッサージで今すぐ解毒!

セルフ足裏マッサージで今すぐ解毒!

1. 指を除いた足裏の長さの真ん中に親指の腹を真横に当て、下方向に押しすべらせる。かかとの盛り上がりの手前で自然にJの字を描くように曲がるので、そのまま内くるぶし下まで押しすべらせる。この動きを繰り返す。

2. 足の内側のかかとの前のくぼみが膀胱のツボ。手を軽く握り、親指をかかとに引っかけ、人さし指と中指、薬指の第1関節をできるだけ遠くに押し当て、かかと方向に熊手をかくように押しすべらせる。

撮影/江口博彦 スタイリング/谷本キヨミ[持田さん] ヘア&メイク/塩澤延之[持田さん]、奥川哲也[Mattyさん] モデル/鈴木裕子 取材・文/和田美穂

 



セルフ足裏マッサージで今すぐ解毒!
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!