生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ファッション

FEATURE ARTICLES

頑張り過ぎないのがかぶるコツ 「夏の帽子」の引き算コーデ

更新日:2017年06月07日

毎日ラクする「ズボラ冷凍」

日ざしが強くなってくるこれからの季節、お出かけにもリゾートにも欠かせない小物といえば帽子。存在感があるからこそ、コーディネートにヌケ感を持たせて頑張っている感を引き算していくのがコツです。形の違う3タイプの帽子で夏のおしゃれを楽しんで。

※[ ]内の数字は帽子のつばの長さ(cm)を表します(編集部調べ)。

今や定番ともいえる中折れ帽子。そのスタイリッシュなたたずまいは、かぶるだけでおしゃれに見えると帽子初心者にも人気です。
色や素材によってガラッと印象が変わるから、なりたい自分やコーディネートに合わせて、何種類か持っていると便利。
まずはかっちり見えるホワイトと、ナチュラルなブラウンの2色揃えてみて。

【左】軽くてやわらか。かぶり心地のよさはお墨付き!
ブラックのリボンがアクセントになった、ペーパーブレードハット。手洗い可、UV加工機能もついて、これからの季節に活躍しそう。[7]¥12,000/CA4LA(CA4LA ショールーム)。

【右】シンプルかつ美シルエットの白は、着回し力抜群!
クリーンで清涼感のあるホワイトの中折れ帽子は、シーンを問わず活躍。手洗い可能だから、汚れやすいカラーでも気兼ねなくかぶれます。[7]¥9,000/フルラ(ムーンバット)

せっかくアイテム自体がおしゃれでも、選び方やかぶり方を間違えると、一気に残念な人に。ちょっとしたテクニックが、
“かぶり慣れている感”を演出してくれます。

帽子のサイズはぴったり過ぎてもゆる過ぎてもNG。指1本入るぐらいの余裕があると、ストレスなくかぶれます。

深さは眉毛のやや上あたり。フロントからサイドにかけて角度をつけず、水平にかぶるのがおしゃれに見えるポイントです。


上半身にポイントが生まれる帽子コーデは、ボトムス×靴の下半身で引き算して。キメ過ぎずラフすぎず、さらに今っぽさを取り入れた旬なバランスを追求しましょう。

中折れ帽子の中でも、よりかっちりした印象に仕上がるホワイト。ハリのあるチノ素材のボトムスで大人っぽく見せつつも、あくまでラフさを失いたくないから、きれいめヒールは避けるのがベター。トレンドのつっかけ風サンダルで、スキをつくるのが正解です。

 

上の帽子を着回し。[7]¥9,000/フルラ(ムーンバット) 

 

肌見せや甘めカラーで、マニッシュさを最大限に女らしくシフト!
中折れ×オフショルブラウスのキメ感を、カラーチノパンツとジュートサンダルの程よいラフさでやわらげて。狙った感じのない肌見せスタイルで可愛さを演出して。

帽子/上と同じ ブラウス¥16,800/INÉD パンツ¥18,000/マリベル ジーン(カイタックインターナショナル) バッグ¥6,500/コントロールフリーク(キャセリーニ) 靴¥9,600/カルザノール(アーバンリサーチ ドアーズ 銀座マロニエゲート店)

  • 撮影/江原英二(NOSTY)[モデル]、大竹みゆき[静物] スタイリング/徳永千夏 ヘア&メイク/シバタロウ(P‐cott) モデル/鈴木サチ 取材・文/小川朋子


30代、40代女性の「老けやせ」「ゆるみ太り」を一気に解決! 下腹、太もも、お尻 たるみ集中引き締め!
「下腹」「太もも」「お尻」の“ たるみ3兄弟”を撃退するためのスペシャルプログラムを用意しました! 
人気ケータリング「MOMOE」の新提案! カラダが軽くなる! 手をかけない夏野菜レシピ
シンプルでおいしいレシピで人気のケータリングユニット「MOMOE」の稲垣晴代さんに、少ない手数でできる、夏野菜が主役のレシピを教えていただきました。
“きれいにはける” やせ見えデニム!
今、どんなデニムを選べばいいのか、トレンド感があってすっきり見える、やせ見えするデニムをご紹介。お悩み別に選ぶべきデニムきっちり見極めて、薄着の季節を楽しみましょう!
「間食上手」はナッツ、フルーツ、ヨーグルトで太らないカラダづくり
ほんの少し前までは、「ダイエット中はおやつを食べちゃダメ!」な~んていわれていました。でも今や、「やせたいなら、おやつを食べなさい!」が新常識。
「あごのゆがみケア」で顔のたるみが上がった!
体重は変わっていないのに、二重あごやほうれい線が深くなっていたら、あごがゆがんでいるサインかも!?ゆがみをとってたるみを引き上げる、顔の筋トレワザをぜひ試してみて。
もう二度と挫折しない「ゆる糖質オフ」の極意
「ゆる糖質オフ」=「ロカボ」は、ルールがゆるく、がまんがいらないことで話題のダイエット法。 コツをつかんだ人が次々に成功している一方で、「具体的にどうしたらいいの?」という迷いの声も。正しく理解できて、今日から始められる実践編です!