生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

「女性の頭痛」がスーッとラクになる方法

更新日:2017年05月06日

「女性の頭痛」がスーッとラクになる方法

仕事にプライベートに毎日忙しい20~40代の女性は“頭痛世代”。頭が痛くなっても「いつものこと…」と我慢していませんか? 自分の頭痛の正体を知れば、日常のちょっとした工夫で痛みを軽くすることも。女性のための頭痛改善法を教えます!


上記のグラフは15歳以上の男女4029人に、片頭痛の症状があるかどうかを調査した「年代別男女の片頭痛の割合」を表したもの。特に20~40代の女性に多いことがわかりました。

学会誌「Cephalalgia17号」1997年

頭痛はセルフケアで軽くしたり、予防することができます。毎日の生活に取り入れて!


視覚や嗅覚への刺激で頭痛が誘発されやすいので、色、光、においによる刺激の少ない部屋作りを。インテリアは落ち着いた木目調などに統一し、部屋はうっすら太陽光が入る程度に。お気に入りのアロマの香りでリラックスを。


  • カーテン 太陽光をうっすら通すものに。
  • 照明 刺激の少ない電球色、または間接照明に。
  • 空調 冷やし過ぎに注意する。
  • 香り 芳香剤など強い香りは置かない。
  • テレビ 長時間の視聴を避けて目の負担を減らす。
  • 壁・床 真っ白はNG。温かみのある色に。
  • 観葉植物 緑色の光には片頭痛の痛みを軽減する作用が。

 



寝る前に、少しぬるめの38~40度のお湯で、みぞおちまでつかる程度の半身浴を。血行がよくなり、筋肉のこりがやわらぐので、頭痛の予防になります。そのとき、手をお湯で温めて、その手を首の後ろで組むと、ホットパックがわりになり、リラックス効果も。


注意! 片頭痛の痛みがあるときはお風呂に入らない

片頭痛の人は、痛みがあるときにお風呂につかると、血流がよくなり過ぎて、痛みが強くなることがあります。そんな日はお風呂につからず、シャワーだけに。

頭痛のもと、首や肩のこりをほぐして血行促進! 痛みの予防にもなり、気分もリフレッシュ♪

首を軸として、肩と腕を動かす体操。首がコマの芯になり、首回りの筋肉と体幹をストレッチできます。

  • 1 足を肩幅くらいに開き、カラダの軸を意識して立ち、両ひじを開いて、胸の高さに曲げる。
  • 2 首と頭を動かさないようにしながら、2分を目安に肩を左右にふる。腕の力は抜いて。
  • 座ったままでもできる! 両足を揃え、頭を正面に向けたまま、左右の肩を交互に前に突き出すようにふる。

肩の大きな筋肉「僧帽筋」を刺激して血流アップ。緊張型頭痛の発作時にもおすすめです。

  • 1 足を肩幅くらいに開き、ひじを軽く曲げる。肩に力が入らないように注意して。
  • 2 リュックサックを背負うようなイメージで、両肩を内側にゆっくりと6回回す。
  • 3 洋服を脱ぐようなイメージで両肩を外側へ6回回す。慣れてきたら徐々に肩を大きく回して。

教えてくれたのは 五十嵐久佳先生

日本頭痛学会認定指導医・専門医。1人1人の症状に合った治療・服薬指導を行う。現在は富士通クリニック、東京クリニックにて頭痛外来を担当。著書に『頭痛女子バイブル』(世界文化社)ほか。

 

イラスト/田中麻里子 取材・文/山本美和 参考文献『頭痛女子バイブル』(世界文化社)



30代、40代女性の「老けやせ」「ゆるみ太り」を一気に解決! 下腹、太もも、お尻 たるみ集中引き締め!
「下腹」「太もも」「お尻」の“ たるみ3兄弟”を撃退するためのスペシャルプログラムを用意しました! 
人気ケータリング「MOMOE」の新提案! カラダが軽くなる! 手をかけない夏野菜レシピ
シンプルでおいしいレシピで人気のケータリングユニット「MOMOE」の稲垣晴代さんに、少ない手数でできる、夏野菜が主役のレシピを教えていただきました。
“きれいにはける” やせ見えデニム!
今、どんなデニムを選べばいいのか、トレンド感があってすっきり見える、やせ見えするデニムをご紹介。お悩み別に選ぶべきデニムきっちり見極めて、薄着の季節を楽しみましょう!
「間食上手」はナッツ、フルーツ、ヨーグルトで太らないカラダづくり
ほんの少し前までは、「ダイエット中はおやつを食べちゃダメ!」な~んていわれていました。でも今や、「やせたいなら、おやつを食べなさい!」が新常識。
「あごのゆがみケア」で顔のたるみが上がった!
体重は変わっていないのに、二重あごやほうれい線が深くなっていたら、あごがゆがんでいるサインかも!?ゆがみをとってたるみを引き上げる、顔の筋トレワザをぜひ試してみて。
もう二度と挫折しない「ゆる糖質オフ」の極意
「ゆる糖質オフ」=「ロカボ」は、ルールがゆるく、がまんがいらないことで話題のダイエット法。 コツをつかんだ人が次々に成功している一方で、「具体的にどうしたらいいの?」という迷いの声も。正しく理解できて、今日から始められる実践編です!