生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

自分に甘くても散らからない「動線収納マップ」

更新日:2017年04月07日

片づけが苦手なあなたの部屋が一生キレイ! 自分に甘くても散らからない「動線収納マップ」

散らかるのは努力が足りないからではなく、収納環境のせいだった! 生活動線上に収納場所を確保していく「動線収納マップ」をつくれば、誰でもするする片づく部屋が手に入ります。

知的家事プロデューサー 本間朝子さん

フードプランニング会社を経て独立。自分自身の経験から時間と労力を省く家事メソッド「知的家事」を考案し、多方面で活躍。著書に『家事の手間を9割減らせる部屋づくり』(青春出版社)。
http://honma-asako.com

ものを生活動線の経路上に出し入れしやすく収納して、生活の流れをジャマしない環境づくりを心がけましょう。自分の意思で動いているはずが、じつはものの配置によってムダに動かされているかも!? 自分の生活スタイルを点検して、最適な流れを見極めて。

リビングに置いた棚の引き出しに、ハンディモップを入れておけば、電話中でもササッとお掃除完了。

「こうしまうべき」という固定観念は禁物!吊るし収納、引き出し収納といった収納タイプのメリットを生かして、あくまで「ものの使い勝手」を優先させるしまい方を。また、収納はスペースに余裕を持たせた「8割収納」が理想。出し入れが断然ラクになります。

冷蔵庫には卵と一緒にサインペンをセット。食品の賞味期限を管理するうえで、欠かせないアイデア。

「本来、大ざっぱな性格なんです」と、本間さん。完璧にやろうと思うと、ストレスの原因にも。そこで、おすすめなのが「2:8の法則」。よく使う2割のものだけを出し入れしやすく収納。あとの8割はざっくりでOK! ハードルを下げることも長続きのコツです。

リビングやクローゼットに、ご主人専用の仮置き場を設置。片づけが苦手な家族にも合わせた収納を。

動線収納の解説

迷子になりがちな小物は、「ただいまコーナー」へ

鍵、腕時計、財布といえば、迷子になりがちな代表選手。小物類が置けて、コートもかけられる専用の「ただいまコーナー」を設置。

仮置き場がひとつあれば、お出かけ間際も慌てない!

翌日に必要な手土産やクリーニング袋などが置ける仮置き場をつくり、忘れ物を防止。前日に準備できるので、気持ちにも余裕が!

左右の扉と棚の高低で、家族の靴を使い勝手よく分類

靴箱は左の扉側がご主人用、右の扉側が本間さん用。よく履く靴は、中段に入れておくと取り出しやすさも格段にアップ! ご主人側には、ハンカチもセット。

撮影/多田政広 イラスト/ミヤジュンコ 取材・文/八木由喜子、菅原夏子、守屋かおる、鈴木久美子



毎日ラクする「ズボラ冷凍」
面倒はいっさいなしで、料理がもっとおいしくなる冷凍法を、料理研究家の方々と一緒に考えに考えぬきました。ぜひ、試してみてください!
体感温度を下げる ECO活夏掃除
日が長く、水を使うのが苦にならない夏は、「体感温度を下げる」掃除に最適の季節。プロの指導で誰でも簡単にきれいになります。
大好き!アボカド 「作ってみたかった!」夏レシピ20
美人をつくる栄養食材であり、今や食卓に欠かせない存在となったアボカド。濃厚さが増したこの時期にとことん味わえる、アボカド好きも納得の夏レシピをお届けします!
フルーツパフェ&フルーツサンド 名店で見つけたワザとコツ
まだまだブームがとまらない、フルーツパフェとフルーツサンド。スイーツライター・chicoさん監修のもと、そんな2大人気メニューをおいしく味わえるお店をご紹介!
カラダのラインを拾わない!働きに行ける!大人の「白Tシャツ」
どんな色やデザインのボトムスとも合わせやすい白Tシャツを、通勤にも取り入れたい! そんな声に応えて、素材、デザインをとことん吟味して、ピックアップしました。
頑張り過ぎないのがかぶるコツ 「夏の帽子」の引き算コーデ
存在感があるからこそ、コーディネートにヌケ感を持たせて頑張っている感を引き算していくのがコツです。
顔で泡立て洗顔でツヤプル透明肌に
大事なのは洗顔で、肌をまっさらにリセットすること。多くの女性の肌を生まれ変わらせたゴッドハンド直伝の洗顔法をご紹介します!