生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ごはん

FEATURE ARTICLES

カラダのことを本当に考えた油選び

更新日:2017年04月07日

とり入れる油で腸、脳、血管、肌に効果あり! カラダのことを本当に考えた油選び

えごま油や亜麻仁油など、オメガ3系油の健康効果が話題となり、空前の油ブームを迎えています。三大栄養素のひとつでもある油は、私たちのカラダになくてはならない栄養であり、よい油は太りにくく、腸や血管を健康にします。逆に悪い油をとっていると、老化や病気を引き起こす要因にも。毎日とるものだからこそ、油選びと、そのとり方を、もう一度見直してみませんか?

医学博士 藤田紘一郎先生

東京医科歯科大学名誉教授。専門は寄生虫学で、腸にまつわる著書多数。油が腸を健康にする食品であるとし、『なぜ「油」をかえると、長生きできるのか』(三笠書房)、『危ない油と健康になるオイル』(英和出版社)などの著書、監修本も。

金田油店 店長 青木絵麻さん

東京、浅草橋の老舗・金田油店店長。油に関する豊富な知識をもち、著書に『油屋店主の旨いものレシピ 油屋ごはん』(アスキー・メディアワークス)、『からだを活性化させる魔法の油!「オメガ3」レシピ』(講談社)がある。

オリーブオイルとごま油に次ぐ3本目の油、その選び方をご紹介。健康のために、脂肪酸の種類で バランスよくとることが必須。さらに、料理の幅を広げるために、風味や用途でお気に入りを見つけて。

【左】オメガ3系油の使い方

えごま油や亜麻仁油は加熱がNGなので、生食が基本。サラダやみそ汁、ヨーグルトやジュースにそのままかけ、1日大さじ1杯を目安に毎日とります。保存は冷蔵庫で、早めに使いきることも大切。

【右】オメガ9系油の使い方

主成分のオレイン酸は酸化しにくいのが特徴。生食はもちろん、炒めものや揚げものなど、幅広く使えるので、基本の油として重宝します。品質のよいものをしっかり見極めて選んで。

トランス脂肪酸

「ここ数年、特にその危険性が指摘されているのがトランス脂肪酸。液体の植物油に水素を添加して固形状にし、酸化しにくくしたものです。自然界に存在しないプラスチックのような存在で、腐りにくく体内で分解されずに蓄積し、血中の悪玉コレステロールも増やします。代表的なものがマーガリンやショートニングで、市販の食品や菓子類にも使われています。2018年6月から、全米でトランス脂肪酸の使用が全面禁止になります」(藤田先生)

油は私たちのカラダに欠かせないもの。料理のおいしさのカギを握る、陰の主役でもあります。毎日とるものだからこそ、よい油でカラダにどんどんおいしい一品を。

魚に含まれるEPA、DHAもオメガ3脂肪酸。同じくオメガ3系のえごま油や亜麻仁油をかけるだけでもダブルの健康効果ですが、変化をつけたいときは手作りのオイルソースで、飽きのこない一品に。

ココナッツオイルソース でほんのり甘いエスニック仕上げ
えびとアボカドのタイ風サラダ

材料(2人分)

ブラックタイガー… 10尾
プチトマト… 4個
アボカド… 1/2個

オイルソース
 ココナッツオイル… 大さじ2
 スイートチリソース… 大さじ1
 米酢… 小さじ2

パクチー… 適量

作り方

  • 1 ブラックタイガーは殻をむいて背ワタをとり、ゆでる。プチトマトは縦半分に、アボカドは食べやすい大きさに切る。
  • 2 オイルソースを作る。ココナッツオイルは固まっていたら湯せんにかけて液体にする。スイートチリソースと米酢を混ぜ合わせ、最後にココナッツオイルを加えてよく混ぜ合わせる。
  • 3 器に1を盛り、2をかけて、ちぎったパクチーを散らす。

構成・取材・文/BEAM(前中葉子、鈴出智里)、田中理恵 撮影/合田和弘 レシピ・調理・スタイリング/吉沼弓美子 デザイン/BEAM(清水優子)



目指せ! 税金上手 お金が増える払い方
私たちが暮らしていくうえで、税金は払わなければならない国民の義務ですが、工夫次第で払う額を減らしたり、払った税金を取り戻したりすることができるんです!
カラダにいい塩分のとり方
これからは、少量の塩の力を上手に生かしながら、ほどよい塩分でうまみたっぷりの食事を。 それが、おいしく食べて、ずっと健康でいられる秘訣です。
「もち麦」で腸すっきり!やせ体質になる!
いつものご飯に混ぜて炊けば、もちもちとした食感でおいしい!そして何より、カラダをすっきりとさせる効果抜群! 今、大人気の「もち麦」を徹底解説します。
牛赤身肉はマリネでやわからジューシー!
赤身肉をやわらかく、よりおいしく食べられるマリネなら、夏のバーベキューにもおすすめです。
気になっていた「日本ワイン」選び方、味わい方が知りたい!
日本のワインは甘くておいしくない…なんて、もう昔話。新進気鋭のワイナリーの登場や、ブドウ栽培技術の向上で、「日本ワイン」のクオリティはメキメキ上昇しています。
ボトムスと好相性!な夏のスニーカーはやっぱりこの3ブランド
快適さとカジュアル感で人気のスニーカー。数ある中でもイチ押しは夏ボトムスと合わせやすい3つの定番モデル。
この夏日焼けしない15の暮らしケア
生活スタイルや習慣による読者の“気合い度”別に、暮らしの中の対策方法をご紹介します!
「女性の頭痛」がスーッとラクになる方法
自分の頭痛の正体を知れば、日常のちょっとした工夫で痛みを軽くすることも。女性のための頭痛改善法を教えます!