生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

人生がきらめく7つの洗濯ワザ

更新日:2017年04月07日

私たちの大問題。今日から一挙に解決! 人生がきらめく7つの洗濯ワザ

洗濯って毎日しているはずなのに、ちゃんとできているのかわからない…。そんな不安を解消すべく、洗濯機の使い方から手洗いテク、早く乾く干し方…と、意外と知られていない基本を総力取材! 知らなかったことをぜひ、取り入れてみてください!

こんなふうに人生がきらめきます

家族みんなが清潔に暮らせる

汚れを正しく、きれいに落とせるようになるから、いつでも衣類は清潔さをキープ。毎日気持ちよく暮らせて、家族みんながハッピーに!

時間のやりくり上手に

正しい洗濯ワザを身につければ、ムダな洗い直しも、乾くまでに時間がかかるイライラもなし。効率的に家事ができて、時間上手になれます。

ものが長持ち、節約できる

正しい洗濯ができる人は、ものを大切にできる人。お気に入りの服を長く着られて、節約にもつながる、ていねいな暮らしができるように。

いつもやっているはずの洗濯だけど、こんなにも損をしていることがあるなんて! 読者にふだんの洗濯についてのアンケート調査を実施し、6人の洗濯賢者たちに「いい」「悪い」を採点してもらいました。

洗濯槽は菌の温床! 洗濯する直前に入れて

洗濯機の中は湿気が高く、菌が繁殖しやすい環境。特に梅雨時期は過酷な状況になることも。洗濯機にためておくと洗濯物の汚れからどんどん菌が増殖し、洗ってもニオイの原因に! 「洗濯物は通気性のよい洗濯カゴに入れて、長期間放置しないことが大切。洗濯後は衣類をすぐ取り出すこと、フタを開けて洗濯槽を乾燥させることも忘れずに」(河野さん)

洗濯物は通気性のよい洗濯カゴに

洗濯物はできるだけ広げて保管。長期間洗えないときは、布製品用の除菌消臭スプレーをしておくのも手。

花王 商品広報センター 河野千絵さん

洗剤・柔軟剤などのファブリックケアのPRを担当。衣類のお手入れもおしゃれのうちを信条に、洗濯法を見直し、人生が変わったそう。

プチプラのおしゃれ着は、クリーニングに出すよりも、自宅できれいに洗って来シーズンに備えたいもの。人気のユニクロ冬服を例に、お手入れのコツをご紹介します。衣替えをもうすませたという人も、改めて確認を!

生地によっては合成洗剤ではダメージをあたえてしまうことも。特に天然素材はデリケートなので、おしゃれ着洗い用の中性洗剤が基本です。柔軟剤も使用するのがよいでしょう。

服がこすれ合うと服を傷める原因になりますし、色落ちにも気をつけなくてはいけないので、おしゃれ着は洗濯機でも手洗いでも1枚ずつ洗濯するのがおすすめです。

洗濯表示が"手洗い"の服は、生地がデリケート。脱水時間は短く、15秒〜1分程度におさえます。ぴったりサイズの洗濯ネットに入れて生地がこすれないようにするのも重要。

1 洗濯ネットに入れて弱水流コースで洗う

ファスナーは閉めて洗濯ネットへ入れ、洗濯機の弱水流コースで洗います。中性洗剤を適量溶かしたぬるま湯(30度以下)が望ましいです。

2 乾いたバスタオルを一緒に入れて脱水

洗濯機での脱水時に乾いたバスタオルを1枚加えると、ダウンの水分を吸ってくれて乾燥時間の短縮に。くるむようにするとより効果的です。

3 脱水後すぐに風通しのよい日陰で干す

形を整え、風通しのよい日陰で干します。中までしっかり乾くよう、2、3日干すのがよいでしょう。ダウンが寄っていたら乾いてからほぐして。ダウンがちぎれてしまうので、強くもむのは厳禁です。

ファスナーを閉めて、ダウンをつぶさないようにたたんでしまうか、肩の跡がつかないハンガーに吊るして洋服カバーをかけておきます。

1 洗濯おけにひたしてやさしく手洗いする

袖や前身頃など汚れがつきやすい部分を表に出して洗濯ネットに入れ、中性洗剤を適量溶かしたぬるま湯(30度以下)につけて押し洗いします。

2 押して水分を落とし、タオルではさんで脱水

ぬれているときが一番型くずれしやすいので、脱水機は使わずに手で押して水をきり、さらにタオルに挟んで水分をとります。

3 折り曲げずに広げて平干しする

折りジワや伸び防止のために日陰で平干し。平干し専用のネットがなければ100均のワイヤネットをピンチハンガーの上にのせて使ってもOKです。

伸びやすいので吊るさずにたたんでしまい、防虫は必ずしてください。前身頃を折るときは間にタオルをはさんで折りジワを防止します。

1 中性洗剤につけ置きシャワーで洗い流す

中性洗剤を適量溶かしたぬるま湯(30度以下)につけおきしたあと、スカートを伸ばしたままシャワーをかけます。

2 ぴったりサイズのネットに入れて脱水

丈が長いので2つ折りにして洗濯ネットに入れて脱水。内側にタオルを入れて、2つ折りの折り目がつくのを防止します。

3 ピンチハンガーで筒状にして干す

丸いピンチハンガーでウエスト部分をぐるりと留めて筒状に干します。スカートの重さでシワを伸ばし、プリーツをまっすぐにする効果が。

プリーツがよれたり、曲がったりしないようにスカート専用のハンガーに吊るし、ホコリよけのために洋服カバーをかけておきます。

家事アドバイザー 毎田祥子さん

AllAbout「家事」ガイド。自ら取材と実践を重ね、主婦目線で家での手洗いのコツなどの情報を発信。おばあちゃんの知恵にも詳しい。

撮影/江口博彦(Links) スタイリング/フジヤ奈穂 イラスト/なかじままり 撮影協力/パナソニック 取材・文/水野智恵 ※ここで紹介しているユニクロの商品は秋冬のものです。現在は販売していません。



人生がきらめく7つの洗濯ワザ
洗濯って毎日しているはずなのに、ちゃんとできているのかわからない…。そんな不安を解消すべく、洗濯機の使い方から手洗いテク、早く乾く干し方…と、意外と知られていない基本を総力取材!
カラダのことを本当に考えた油選び
えごま油や亜麻仁油など、オメガ3系油の健康効果が話題となり、空前の油ブームを迎えています。三大栄養素のひとつでもある油は、私たちのカラダになくてはならない栄養であり、よい油は太りにくく、腸や血管を健康にします。
一生使える! 大人の卵ドリル
定説の卵レシピは、本当にベスト? フード・アクティビストの松浦さんが研究論文をひもとき、料理人のワザを聞き、噂の真偽を検証。試作を重ねて誕生した一生モノのレシピから、かたい常識の殻を破るワザが学べるドリルです!
理想の間食! 豆乳スイーツ
低エネルギーなのに、良質なタンパク質や大豆イソフラボンが豊富な豆乳。美容やダイエット、体内環境のサポートにも効果があるといわれています。
ノンアルでも酔える! フードペアリング入門
食べものに合わせて選ぶのは、ビールやワインだけじゃありません。
自分に甘くても散らからない「動線収納マップ」
散らかるのは努力が足りないからではなく、収納環境のせいだった!
働く女性のバッグは“リュック”と“ショルダー”!
働く女性のバッグは、両手があいて身軽に動けるリュックとショルダーがベスト!
顔より肝心! 頭皮スキンケア
顔のたるみの原因のひとつは頭皮環境の悪化にあり。
「足」を変えればカラダの不調も解決!
足のトラブルは、外反母趾やウオノメだけが問題なのではありません。