生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ファッション

FEATURE ARTICLES

トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート

更新日:2017年03月07日

働く女性もお迎えママも、朝役立つ服選び トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート

毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。トップスの種類によって、バランスの良いボトムスを選ぶ方法で、着るものがすんなり決まって、慌ただしい一日の始まりも楽ちん&スムーズです。

ボーダートップスと膝丈スカートのコンビは、気軽に着られてふだんづかいに大活躍! ネイビー×白のボーダーの色とリンクさせて、プラスする小物は白を選んで爽やかさを添えれば春らしい印象に。足元にヒールを合わせれば、デートスタイルにもOKです。セットアップ¥5,900/&.NOSTALGIA ブレスレット¥1,900/アネモネ(サンポークリエイト) サングラス¥3,000/ゾフ(ゾフ カスタマーサポート) クラッチバッグ¥11,000/ef-dé スニーカー¥10,000/Daniella GEMME(カルネ)

トップスには背中に大きめのリボン付き。前はカジュアル、後ろ姿は女らしさが漂います。

当然ながら上下キマるので統一感のある着こなしが、すぐ!

上下揃ったセットアップは、まさに考えずに一瞬でスタイリングが完成するという、忙しい朝の救世主! コーディネートを考えなくてすむだけでなく、ただ着るだけでワンピースやオールインワンのような、まとまりのある着こなしに仕上がるのも魅力です。上下別々にも着られるし、加える小物によって表情も変わるので、シーンに合わせた着回し力もとても高い! 数あるセットアップの中から、カジュアルななかにフェミニンな要素を含んだデザインを選べば、デイリーからちょっとしたお出かけまで、幅広く着こなせます。

【左】ドット×レースが大人ガーリーな雰囲気

細かいドットにレースをあしらったデザインがキュート。トップスはインしやすいショート丈。ブラウス¥13,000、スカート¥16,000/ともにカロリナ グレイサー(ビームス カスタマーサービスデスク)

【中】繊細なレースづかいがレディな表情を演出

コンパクトなニットとガウチョで、メリハリのあるシルエットが楽しめるコンビ。ニットの袖とボトムスにレースを使った、上品で涼しげな雰囲気にも注目を。ニットトップス¥15,000、ガウチョパンツ¥18,000/ともにケティ

【右】とろみのある素材でエレガントな着こなしを

トップスはトレンドのフロントが短めデザイン。ボトムスはセンターシームのテーパードだから、脚をすっきり見せる効果も。ブラウス¥9,800、パンツ¥1,2000/ともにホワイト(ホワイト ザ・スーツカンパニー新宿店)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)[人物]、石沢義人[静物] スタイリング/丸尾朋世 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/鈴木サチ、ナオ 取材・文/前田聡美



私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。