生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ごはん

FEATURE ARTICLES

私たちの新ヨーグルト生活

更新日:2017年03月07日

カラダにいいから、おいしいから、みんなが夢中! 私たちの新ヨーグルト生活

ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい! 効果的な食べ方やタイミングは? 料理に使うには? ネットやSNSで見たあのウワサはホント? というわけで、正しいとり方、おいしい食べ方から、ヨーグルト美人の習慣まで、ヨーグルトのすべてが、これでわかります。ヨーグルト好きな人も、そうでない人も、今日からもっとヨーグルトが食べたくなるはず!

時間帯別に、効率よく乳酸菌を腸へ届ける食生活を紹介! この中から、生活スタイルによって取り入れやすい方法をチョイスして。

ヨーグルトを器に入れ、ふかしてつぶしたさつまいもとブルーベリー(冷凍でもOK)をトッピングします。

【左】ひとくち大に切った鶏もも肉を、塩少々を加えたヨーグルトにひと晩漬け込み、あとはこんがり焼くだけ。

【右】ヨーグルトに、好みの量のはちみつを回しかけます。優しい甘さが広がる、定番のヨーグルトメニューです。

ヨーグルトに、グラノーラをのせるだけ。グラノーラは、ドライフルーツが入ったタイプのものでもOKです。

【左】ヨーグルトに、味をみながら塩麹を少量ずつ加えて混ぜるだけ。焼き魚や肉、焼き野菜などをつけて。

【右】みそ汁に、キッチンペーパーなどで水きりしたヨーグルトを入れます。よく混ぜていただきましょう。

カップなどにプレーンヨーグルトを入れ、電子レンジで約1分加熱。37〜40度が目安なので、温めすぎに注意して。

ヨーグルトをひとつの調味料と考えると、ふだんのおかずにさまざまに取り入れられるんです。 さらには、健康面でもうれしいことがたくさん。無理なく使えて、よりおいしくなるレシピをご紹介します。

♠材料 (2人分)

豚ロース薄切り肉(しょうが焼き用)… 6枚(200g)

A
  ヨーグルト… 大さじ2、みそ… 大さじ1、みりん、おろししょうが… 各小さじ2、塩… ひとつまみ

キャベツ・紫キャベツ(それぞれせん切り)、プチトマト(赤・黄)… 各適量
ごま油

♣作り方

  • ポリ袋に豚肉、Aを入れてもみ込み、1時間以上おいて味をなじませる。
  • の豚肉を漬け込んだヨーグルトを指で軽く拭きとる。
  • フライパンにごま油小さじ1を中火で熱し、を入れて焼き色がつくまで両面焼く。
  • 器にキャベツ、紫キャベツ、プチトマトを添え、を盛る。

舘野真知子さん

料理研究家・管理栄養士。発酵食をメインに、料理教室や国際交流など幅広く活動。「料理には、低脂肪ではないプレーンタイプのヨーグルトが向いています!」

撮影/江口博彦(Links)、ナカムラユウコ、柳詰有香 フードコーディネート/ぬまたあずみ 取材・文/鹿志村杏子、吉塚さおり スタイリング/諸橋昌子 栄養監修/舘野真知子 ※ヨーグルトは、特に記載がない場合、プレーンヨーグルト(無糖)です。



人生がきらめく7つの洗濯ワザ
洗濯って毎日しているはずなのに、ちゃんとできているのかわからない…。そんな不安を解消すべく、洗濯機の使い方から手洗いテク、早く乾く干し方…と、意外と知られていない基本を総力取材!
カラダのことを本当に考えた油選び
えごま油や亜麻仁油など、オメガ3系油の健康効果が話題となり、空前の油ブームを迎えています。三大栄養素のひとつでもある油は、私たちのカラダになくてはならない栄養であり、よい油は太りにくく、腸や血管を健康にします。
一生使える! 大人の卵ドリル
定説の卵レシピは、本当にベスト? フード・アクティビストの松浦さんが研究論文をひもとき、料理人のワザを聞き、噂の真偽を検証。試作を重ねて誕生した一生モノのレシピから、かたい常識の殻を破るワザが学べるドリルです!
理想の間食! 豆乳スイーツ
低エネルギーなのに、良質なタンパク質や大豆イソフラボンが豊富な豆乳。美容やダイエット、体内環境のサポートにも効果があるといわれています。
ノンアルでも酔える! フードペアリング入門
食べものに合わせて選ぶのは、ビールやワインだけじゃありません。
自分に甘くても散らからない「動線収納マップ」
散らかるのは努力が足りないからではなく、収納環境のせいだった!
働く女性のバッグは“リュック”と“ショルダー”!
働く女性のバッグは、両手があいて身軽に動けるリュックとショルダーがベスト!
顔より肝心! 頭皮スキンケア
顔のたるみの原因のひとつは頭皮環境の悪化にあり。
「足」を変えればカラダの不調も解決!
足のトラブルは、外反母趾やウオノメだけが問題なのではありません。