生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

  • TOP >
  • TOPICS >
  • ごはん >
  • 食感も味もワンダフル! お店みたいな泡ソースレシピ

ごはん

FEATURE ARTICLES

食感も味もワンダフル! お店みたいな泡ソースレシピ

更新日:2017年02月07日

FOOD

最近、お店で見かけるようになった泡状のソース。気になっている人も多いですよね。そこで、新しい料理にも詳しい植松良枝さんに、家庭でもできるレシピを教えていただきました。美味しくて話題性も抜群! 今度のパーティでぜひ試してみて。

ゼラチンと調味液で完成!アレンジも楽しめます

「エスプーマともいわれる泡ソースは食感抜群。たれないので食材にからみやすいし、少量でも味をよく感じられます」と植松さん。
お店では特別な調理器具を使っていますが、ゼラチンを使えばおうちでも手軽にできるそう。
「温かいものや油分が多いものはNGですが、ほとんどのソースがOK。混ぜて泡立てるだけなので、アレンジも楽しんでくださいね」

Profile
野菜作りをライフワークとし、季節感あふれる料理を提案。また、仕事の合間をぬって国内外を旅し、その土地の料理や食材を探求、情報発信している。『バスクバルレシピブック』(誠文堂新光社)など著書多数。https://www.instagram.com/uematsuyoshie/

FOOD

ジューシーなお肉に泡をたっぷりのせてどうぞ!
牛肉のたたき
柑橘泡ポン酢と泡わさびじょうゆ添え

材料(作りやすい分量、4人分)

牛もも固まり肉(ローストビーフ用)… 300〜350g

柑橘泡ポン酢
ポン酢… 20㎖
レモン汁… 10㎖
粉ゼラチン… 小さじ1/2
湯… 20㎖

泡わさびじょうゆ
しょうゆ… 10㎖
わさび… 小さじ2/3
粉ゼラチン… 小さじ1/2
湯… 40㎖

オリーブオイル

作り方 調理時間25分(休ませる時間を除く)

  • 1. 牛肉は室温に1時間ほどおく。よく熱し、オリーブオイル適量をひいたフライパンで弱火で全面に焼き色をつけ、とり出してアルミホイルでふんわりと包み、ポリ袋に入れる。さらにタオルで包み、あら熱がとれるまで約10分、温かい場所に置く。焼き時間は12~15分が目安。
  • 2. 柑橘泡ポン酢と泡わさびしょうゆは基本の作り方(下記)を参照し、それぞれ粉ゼラチンを湯で溶き、混ぜ合わせた残りの調味料と合わせ、網じゃくしで泡立てる。
  • 3. 1を好みの厚さに切って器に盛り、2を添える。好みの薬味野菜を添えても。

湯で溶いたゼラチンを調味液に混ぜるだけ! アレンジは基本の分量を参考にして。

1.粉ゼラチン小さじ1/2を約80度の湯20㎖で溶く(ポットに保温中の湯がこの程度)。粉ゼラチンの量は、泡立てたい調味液の1〜2%が目安。

2.ボウルに調味液を混ぜ合わせ、1のゼラチン液を加えて混ぜ合わせる。写真はしょうゆ液(しょうゆ10㎖+水40㎖)を使用。

3.2のボウルを氷水に当て、小さめの網じゃくしを上下に手早く動かして手早く泡立てる。軽く泡立ってきたら、2〜3分放置する。

4.3と同じ要領で2〜3分ほど網じゃくしで泡立てる。細かい泡状になり、さわっても消えない程度に安定したら完成。



私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。