生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ビューティー

FEATURE ARTICLES

ママにとって『正しいチーク』はコレ

更新日:2017年01月07日

ママにとって『正しいチーク』はコレ

「チークの塗る位置は、笑ったときに一番高くなる頰の中心が基本。シェーディングとハイライトを組み合わせると小顔効果も出ておすすめです!」と語るyumiさん。今回は、その基本を踏まえながら、顔型別の入れ方や、肌色に合わせた似合う色、旬のクリームやリキッドチークの失敗しない入れ方までを完全レクチャーします!

「顔型別のお悩みをカバーするには、チークにハイライト&シェーディングを組み合わせるのがコツ。意外と簡単ですよ」(yumiさん)

ヘア&メイクアップアーティスト yumiさん

Profile
Three PEACE所属。トレンドを踏まえた「その人に似合うメイク」を提案。男女問わず、タレントや女優などのヘアメイクを担当。

「まんまるに入れたチークが丸顔をさらに強調! ほっそり見せるためには、楕円形が正解」

頬の面積が小さくなっているほか、ハイライト効果で鼻すじに立体感が出て、「彫り」も出現。

1 チークは手の甲で調節しつけすぎを防ぐ

チークをブラシにたっぷりつけ、一度手の甲やティッシュペーパーで余分な粉を軽く落として。

2 楕円形になるように内から外に広げる

頬の中心に置き、そこから外側、斜め上方向にブラシをすべらせるとシャープな印象に。

3 Tゾーンにハイライトを入れ立体感を

Tゾーンやあご先にハイライトをプラス。平面的に見えがちな顔に彫りと立体感が出現。

頬の中心にブラシをのせ、外側に楕円形に広げる。やや斜め上に引き上げるように入れ、Tゾーンにはハイライトでメリハリを。

【左】上品なカラーで明るさとツヤをオン。なじみがよく肌の内側から色づくような仕上がりに。バーバリー ライトグロウ 05 ¥5,000/バーバリー

【右】異なる3つの質感で澄んだ明るさと光感をオン。ルナソル ライティングシアーハイライト 01 セット価格¥5,000/カネボウ化粧品



私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。