生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

ライフスタイル

FEATURE ARTICLES

優木まおみさん「もうすぐ2人目が生まれます!」

更新日:2017年01月07日

出産直前! だからこそみんなの聞きたいことQ&A 優木まおみさん「もうすぐ2人目が生まれます!」

キュートな笑顔と抜群のセンスで注目を集める優木まおみさん。タレントとしてはもちろん、一児の女の子ママとしても本誌にも何度も登場してくれましたが、現在2人目のお子さんを妊娠中。臨月を迎えた優木さんが、産休に入る前にsaita読者の質問にしっかりと答えてくれました! 赤ちゃんを迎える準備や1人目の育児、さらには自身のリフレッシュ方法から今注目のファッションまで、気になることが盛りだくさん。プレママならではのますます輝くその魅力と、ハッピーなマタニティライフの秘密を全部探ります!

ニット¥22,000/クラネ(クラネデザイン) パンツ¥18,250/スーン(VIRINA 広尾店) 靴¥24,000/プリティ・バレリーナ(F.E.N.) イヤリング¥16,950(税込)/CARBOOTS

優木まおみさん

1980年佐賀県生まれ。2002年のデビュー以来、マルチなタレントとしてテレビや雑誌などさまざまなメディアで活躍。'13年に結婚、'14年に第一子となる女児を出産し、現在第2子を妊娠中。
公式ブログhttp://lineblog.me/yukimaomi/

Q ママの妊娠で、娘さんに変化はありましたか?

A 少し赤ちゃん返りがありました。

指しゃぶりしたり、お友達が私に話しかけると「私のママだよ」って言ってくることはありました。その半面、人形を赤ちゃんに見立てて寝かしつけるなど楽しみにしてる様子もあるんですよね。

Q 娘さんの赤ちゃん返りには、どう対応していますか?

A 独占欲を満たすような声かけをしています!

毎日、大好きとか愛してるよ、あなたのママだからねって話しかけてます。あと、一緒に可愛がろうねみたいな赤ちゃんが生まれるのが楽しみになるようなことも、併せて伝えるようにしています。

Q 胎教はしていますか?

A 特別なことはしていません。

胎児にはママの声は聞こえるけど、外からの音はあまり聞こえないってお医者さんから聞いたので。ふだんからお腹に向かって話しかけたりぐらいはします。

産休に入って前より時間ができたので、子育ての合間に料理教室や出産準備を満喫中!

Q 2人目ママになる楽しみは?

A 新生児の香り(笑)。

独特の香りやふわふわの抱き心地など、新生児って無条件に可愛いですよね。

Q いつも明るく元気でいる秘訣は?

A 自分にごほうび♪

ホルモンバランスのせいで気持ちにも波がある時期だから、ストレスを感じたら持ち越さずにその日に消化するようにしています。無理せずいつもよりお風呂にゆっくり入ったり、本を持ってカフェに行ったり、時には自分へのごほうびランチをしたりと気分転換するとリフレッシュできます。

ごほうびなので自分では作れないものをセレクト。

Q 妊娠線ケアは?

A オイルでケア。

特に専用のものではなく、バイオイルや子供と一緒に使えるベビーオイルをお風呂上がりに塗ってます。

ベビーオイルは娘に塗ってもらうことも。

Q 妊娠してメイクは変わりましたか?

A カラーコスメはあまり使わなくなりました。

もともと仕事以外ではほぼメイクしないので、日焼け止めとクッションファンデが大活躍です。

Q 最近ハマっていることは?

A 料理!

産休中は一番時間があるので、ここで集中して料理上手になろうとABCクッキングスタジオのライセンスコースに通ってます。目標があると頑張れると思ってこのコースを選んだんですが、やっぱり一番のモチベーションは娘が美味しそうに食べてくれること!

Q 妊娠中の美容方法は?

A ながら美容です(笑)

育児中でなかなか凝ったことはできないので、家事の合間にシートパックで保湿して、お風呂ではヘアパックやスクラブをしてエステ気分を味わいます。

シートパックは幾つか揃えて使い分け、ヘアパックはイソップを愛用。

Q 産後のスタイル維持の秘訣は?

A おやつを家に置かない!

今は運動禁止令が出ているので、食事でコントロール。一人目妊娠中は欲望のままに食べていたけれど、今は後々のことを考えてお菓子などを控えるようになりました。おやつを置かないことで、もし欲しくなっても必然的に食べられないようにしています。

Q 産前産後のヘアケアを教えてください。

A ジョンマスターやプロダクトを愛用!

普段から気に入っているアイテムを使っています。バランスの良い食事やサロンケアも大事だと思うけど。

髪や頭皮に優しいアイテムでのケアが基本。

Q 2人目ママになる不安は?

A 2人の子供を連れての外出。

主人が土日も仕事のことが多いので、私ひとり人でも子供をあちこち連れていけるようにしたいけど、ひとり抱っこでひとりベビーカーとか大丈夫かな? と、ちょっと不安ですね。とりあえず2人乗りのベビーカーを買って、シミュレーションしてます(笑)

これに荷物も持っていけるかな?と妄想中。

Q 抱っこひもは何を使ってますか?

A エルゴ

いろいろ試したけど、やっぱりエルゴがいいですね。今回は、新生児からずっと使える“アダプト”を用意しました。

首を支える中敷き不要で20kgまでOKだそう。

Q 妊娠して、食生活は変わりましたか?

A 酵素玄米&野菜をたっぷりとってます。

今は病院で少し糖質制限したほうがいいと言われたので、酵素玄米を食べたり野菜を多く取ったりしています。オクソのフードコンテナに、下ごしらえした野菜をいつもキープ。時短にもなるし、新鮮な野菜を毎食気軽に食べられるのでおすすめです。

Q ベビーグッズでおすすめは?

A エイデンアンドアネイのおくるみ。

絶対使うものだし、ここのは大判でソフトな肌ざわりが心地よくておくるみにもブランケットにもOK。上の娘もまだ愛用してます。

素材はもちろん、☆の模様もお気に入りです。

Q 2人の子供はどんなふうに育ってほしいですか?

A とにかく優しい姉妹になってほしいです。

人の心の痛みがわかる、思いやりのある子になってくれたらそれだけでいいです。2人目も女の子の予定なので、女同士相談しあったりして仲よし姉妹になってほしいな。

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリング/徳永千夏 ヘア&メイク/山形栄介(ROI) 取材・文/前田聡美

私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。