女性誌「saita」の公式ページ。おしゃれも生活も妥協しない、アクティブな女性の毎日を応援します!!

ニュース

EVENT & NEWS

saitaPULS公認ママライター第4期生募集のお知らせ

2015年秋にスタートした、ママのためのお役立ち情報サイト
「saitaPULS(サイタプラス)」https://saita-puls.com/
現在、約60名のママライターさんが記事を書いてくれていますが、
サイタプラスをもっともっともっとパワーアップさせていくため、
公認ママライター第4期生を募集することになりました!

「ライター経験ないけど…」
「子供が小さいけど大丈夫?」

はい、大丈夫です!

編集部に常駐するわけではなく、
空いた時間を使って、みなさんの特技や知識を生かしながら
おうちでできるお仕事なので、お子さんがいても大丈夫です!

記事についても
たとえば
「時間がないけどキレイになれるオールインワンコスメ●選」
「使うだけでお弁当上手に見える!100均アイテム」
「2番目の子供は●●!?2児ママ共感必至のあるある●選」
「ポストしまむらはココ! 安くて使えるプチプラショップ●選」
「いつもの料理を5倍美味しく見せる盛り付け方&食器セレクト」
「おうちでできる! ママ友ウケ◎なワザありネイルの作り方」
などなど…

生活に役立つネタ、ママのキレイ・元気につながるネタ、
ママや主婦だからこそわかる「あるある」ネタをなど、、、、
読んだ人が「やってみよう!」「それわかる!」と思うような
ネタを発信しています。

みんなで作るママ&主婦のためのサイトです。
みなさんの特技や前職での経験、知識を生かして
盛り上げてくれる方、ぜひぜひご応募ください!

応募条件は、
saitaPULSで最低3記事を書いていただくこと!
下記URLより会員登録を行っていただき、
記事を3記事お書きください。
記事が完成したら、「この記事を公開申請する」ボタンを
クリックしてください。

会員登録用URLはこちら!
https://saita-puls.com/register/email

3記事とも公開申請が終わったら、
info@saita.netまで

件名「ママライター3期生」で
①お名前(ブロガー名)
②連絡先(メールアドレス、電話番号、住所)
③結婚前の職業
④現在の職業
⑤特技や興味のあること
(美容・ファッション・料理・お出かけ・ならいごと・
 家事・インテリア・収納・流行モノ などから選んでください)
⑥ライターのお仕事への熱意
⑦公開申請した記事のタイトル

をお送りください!

選考の上、面接におすすみいただきます。
(選考は随時行い、面接におすすみいただく方にのみ
ご連絡させていただきます)


締め切りは1月31日(日)まで!
たくさんのママからのご応募をお待ちしております。

どうぞ宜しくお願いいたします!!! 

2016年12月06日

軽やかな春コートで気分もアップデート
定番のトレンチから、新顔のマウンテンブルゾン、季節感満点のキレイ色コート、ピリ辛なライダースなど今季もバリエ豊富に揃ってます。
春の靴はこの3足でいく!
シンプルベーシックな白スニーカー、コーデにきちんと感を与えてくれるおじ靴、そして、華やかで女性らしいカラーパンプス。
ひな祭りパーティメニュー
女の子のすこやかな成長を祈る「ひな祭り」。伝統的な料理もいいけれど、今年は子供が主役のお祭りらしく洋風アレンジに。
後藤真希さんのいまこの“色”が着たい! vol.8
後藤真希さんが今シーズン注目している、カラフルで軽やかな春色ビューティの数々にチャレンジ。
食感も味もワンダフル! お店みたいな泡ソースレシピ
最近、お店で見かけるようになった泡状のソース。新しい料理にも詳しい植松良枝さんに、家庭でもできるレシピを教えていただきました。
saitaPULS通信
毎日見なきゃソン! ママの生活に密着した「手放せない」メディアです!
小顔もおしゃれも叶う、肩ラインボブ図鑑
質感や動きで上品さをキープした最旬肩ラインボブが大集合。人気スタイリストたちの華麗なワザにも注目を!
saitaと歩んだ7年そして、これからの私…
saitaへの初登場以来ずっと、誌面でもリアルな声を発信し続けてくれている東原亜希さん。改めて7年分のsaitaとの思い出から未来への展望までを、じっくりと語ってくれました。
ネットをにぎわす変わりトースト 最新版を一挙にお見せします!
インスタグラムやキュレーションサイトなどで、アレンジの新アイデアが日々アップされているトースト。
ケーキみたいなのっけおにぎり組み合わせアイデア無限大!
小さな円柱形ににぎったおにぎりに、立体的に具材を盛りつけて可愛く仕上げるんです。
ブームはまだまだ継続中!ワインに合う餃子を考えてみた
餃子LOVEなソムリエの吉沼さんに、食べすぎ飲みすぎ必至の美味マッチングを伺いました。