生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

saita 4月号

ABOUT JOURNAL

ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい! 効果的な食べ方やタイミングは? 料理に使うには? ネットやSNSで見たあのウワサはホント? というわけで、正しいとり方、おいしい食べ方から、ヨーグルト美人の習慣まで、ヨーグルトのすべてが、これでわかります。ヨーグルト好きな人も、そうでない人も、今日からもっとヨーグルトが食べたくなるはず!

「咲いた」saita 2017年03月07日発売
saita4月号
本体463円 (税別)
ご購入はこちら"
お得な定期購読はこちら

Message

はじめまして波瑠です! 好きなモノを綴ってみたら“いまの私”が伝わるかなって

カラダにいいから、おいしいから、みんなが夢中!
私たちの新ヨーグルト生活

We love Yogurt! 01
速報! 世界中を駆けめぐる「ヨーグルト旋風」!

We love Yogurt! 02
saita乳酸菌向上委員会が掲げる「腸活マニフェスト」

We love Yogurt! 03
ヨ党整腸会長が語るヨーグル党の歩み

We love Yogurt! 04
「朝ヨーグルト」で、強くて美しいカラダをつくる!

We love Yogurt! 05
漬け込む、混ぜ込む、ソースに… ヨーグルトは調味料!

We love Yogurt! 06
「塩ヨーグルト」vs.「水きりヨーグルト」使い回し7days!

We love Yogurt! 07
あぁ、朝が待ち遠しい!「ドライフルーツinヨーグルト」

We love Yogurt! 08
乾物は「ヨーグルトでもどす」と最強って本当ですか!?

We love Yogurt! 09
ヨーグルト専門店にはこんな「こだわり使い」があった!

We love Yogurt! 10
クレームお断り! “ちょいのせ”やってみました

創刊号企画復刻版約100円トマト缶の底力2017

雑誌初登場! 超ブロガー・スガさんの新提案!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!

Book in Bookご飯を食べてもやせる!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限

働く女性もお迎えママも、朝役立つ服選び
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート

自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服

“引き上げスキンケア”フルコース!

『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!

REGULAR

旬雑貨 手作り時間 VOL.01
暮らしのSCOOP! volume.01
新顔ブロガーをご紹介 ニューフェイス PICK UP
saita information
saita ご愛読者アンケート
本屋さんの歩き方 ステキ書店と名物書店員さん♪ vol.01
飛田和緒の にん・たま・じゃが献立 vol.01
お問い合わせ先
saita 2017年5月号(4月7日発売)のお知らせ
今月の「惜しかった!」  編集後記

綴じ込み特集saitaPULS通信

私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。