生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

ひろみぃ (女性・埼玉県)

フォローする

こんにちは。

埼玉県に住む、小学校1年生の男の子のママです。
都内のハウスメーカーで正社員で働いています。

一度仕事が忙しくアカウントを削除しましたが、再登録しました。

以前と同じように、好きなことをマイペースに更新したいと思います。

*好きなこと*
料理、コスメ、お洋服、裁縫、旅行、家事、育児
インテリア、仕事、カフェ、読書、家族とお出掛けなどなど・・・

2017 10月
1234567
891011121314
1516
17
18192021
22232425262728
293031    

2017年07月30日 08:55

清水公園

CATEGORY : おでかけ
仕事が忙しく1度アカウントを削除したのですが、やっぱりブログを書くのは楽しいと思って
再登録しました。
これからもよろしくお願いします。

昨日は学童のイベントで千葉県野田市にある清水公園に行ってきました。

息子の なな です(男の子)


今年から小学生になりました!
ちなみに、新卒で入った会社でずっと働いているので、息子は毎日学童です。
公立の小学校や学童に通わせるか悩んだ時期もありましたが、今は良い選択を
したと思っています。
もちろんその子その子のパーソナリティーで変わりますよね。

比較的真面目なうちの子が、いろんな子が集まるところで揉まれて、
いろいろ得てくる話を聞いていると成長しているなぁと思います。



清水公園はアスレチックが有名な公園ですよね。



アスレティックエリアは小さい子というよりは小学生低学年から中学年の
お子さんがたくさんいました。
写真以外にもたくさんたくさんアスレティックがあって、みんなとても楽しそう
にしていましたよー





こんな感じで水エリアもあって。
こっちは小さい子もたくさん遊んでいました!!



BBQ予約していました。
持ち込みもOKのようで、焼きそばや焼きおにぎりを持って行きました。
子ども達もお肉やフランクフルトをガツガツ(笑)美味しそうに食べていました。

結局丸1日いて疲れたけれども楽しかったーーー
我が家はパパがお仕事で忙しく遠出はあまり出来ないので、こういう機会は参加
するようにしていて。
今回も行けてよかったです!!

今日は昨日のことを夏休みの宿題の絵日記に書こうと思います(笑)

皆様も良いおやすみをお過ごしください。



コメント 1
コメント 0
年中温かいカラダは、太りにくい! 冬前こそ「血流やせ」
血めぐりをよくする、強い血管をつくる、質のよい血液を増やす。寒くなる前に、自ら熱を生み出すやせ体質にシフトするための、暮らしの中で今すぐできる血流改善方法をご紹介します。
「そこそこ家事」でココロが元気になる暮らし
「家事、育児、仕事のすべてを完璧にこなすなんてムリ!」。そういいきるのは、シンプルライフ研究家のマキさん。ココロが元気になる家事の心構えを教えてもらいました。
頭にきたら…ジャムを煮よう。
イライラやもやっとした気持ちが日常生活の中で生まれること、あると思います。そんなときは、お鍋でコトコトとジャムを煮れば、果物やミルクと一緒に、心にたまっていた黒い気持ちもとろりと溶けて、穏やかな気分に。
今すぐ始めたい期待の即効性! シミとシワのリセット術
鏡を見て、「あれ?なんか老けたかも?」と違和感を覚えたら、まずはシミとシワのケアが急務です。即効性のあるリセット術でハリのあるキレイなつや肌を目指しましょう!
ヘタっぴでも、初心者でも、ポイントを押さえればこの完成度に! 「白崎茶会」のヘタスイーツ
お菓子作りは難しいものだと思っていませんか? 人気の料理教室主宰・白崎裕子さんいわく、「ヘタには理由がある」のだとか。ヘタっぴが抱える疑問や悩みを白崎さんがていねいに解消します!
「骨格診断」でわかった! スッと細見せできる服
骨格や筋肉のつき方で似合う服が違うってご存じですか? 骨格診断で自分の体型を知って、着やせ&スタイルアップを目指しましょう! 
首ヨガで年齢バレの首シワにさよなら!
メイクを完璧に決めていても、首にシワがあると、たちまち年齢がバレてしまいます。そうならないために行いたいのが『首ヨガ」。首のシワをなくして、若々しい印象を手に入れましょう!
ゲッターズ飯田さんのググっと開運引き寄せ占い
今年も残すところあと3か月! 2018年の運気を上げるために、この3か月をどう過ごせばいいのか? 驚異的な的中率を誇る最強の占い師・ゲッターズ飯田さんを緊急取材しました。
つながり過多の今だからこそ“ひとり上手”に!
フェイスブックやインスタグラムなどのSNSの普及もあって、今の日本は、つながり過多の社会です。そんな時代だからこそ、逆に「ひとり」でいることの大切さに、今、注目が集まっています。