生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

まぁ♪ (女性・福岡県)

フォローする

はじめまして!
二児の娘を育てるワーキングマザー。


毎日、家事・育児・仕事にと時間に追われながら
楽しく過ごしております。


幼い頃から習い続けてきたバレエを生かした
バレティスというインストラクターの資格を取得!
ただいま、減量を目指すすべての方へ食事指導できるよう
ダイエットに関する資格の猛勉強中。


東京・大阪で注目されているバレティスを
福岡、いや九州の多くの方へ広めていこうと活動中!

現在春日市にて教室開講しています。

HP:https://n-mb-balletes.localinfo.jp/

ご参加おまちしています。

2017 8月
  12345
6789101112
131415
16
171819
20212223242526
2728293031  
CATEGORY
ARCHIVE

2017年08月04日 17:28

いよいよ明日!

CATEGORY : バレティス

 


皆様こんにちは。


 


 


 


いよいよ明日、待ちに待ったバレティス®教室開講の日となりました


 


生徒さんが集まってくれるかドキドキですが、もうやるしかないですね!


 


 


 


さて、本日は少し体の歪みについて思い出していただきたいと思います!


 


姿見がある方は姿見で自分の姿勢を確認してみてください。


 


 


 


自分の体を横から見たとき、外果→ひざ→大転子→肩峰→耳孔が一直線になる姿勢が正しい姿勢とされています。




 


画像はhttp://s.webry.info/sp/rapparapa.at.webry.info/201506/article_2.html


 


よりお借りしています。


 


 


 


手のこぶ一つ分あけて足を平行に開いた状態で正面・背面(家族の方にお願いしましょう)を見てみましょう。


 


 


 


正面からみたときにどちらかが明らかに開いたりしていませんか?


 


下角(肩甲骨の下の骨)は左右均等ですか?


 


おしりの一番下の位置は左右均等ですか?


 


 


 


最初の側面からみた一直線のラインがずれていたり、


 


右足左足のどちらかの開き方が大きかったり、背面からみて左右の位置がずれていたりしたら・・・・


 


それは日々の生活を通して身体のずれが生じている証拠になります。


 


 


 


このようなずれを、しっかりと体幹を鍛えてトレーニングしていくことで姿勢を正し、身体の不調を整えていく、というのがバレティスエクササイズの意図している部分になります。


 


 


 


このように、バレティストレーナーはしっかりとレッスンを始める前にそれぞれの生徒様の姿勢のずれをしっかりとチェックし、レッスンを組んでいきます。


 


 


 


生徒様からのお悩みによっては、バレティス専属の理学療法士に相談しお悩みにそったトレーニングを行っていく事も可能となります。


 


バレティストレーナーもしっかりと理学療法士の先生に指導していただき解剖学を勉強しているので、バレティストレーナーでもある程度のご相談は乗ることもできますよ♪


 


 


 


ご興味のある方は、明日から行われる福岡県春日市でのレッスンにお越しください!


 


HP:https://n-mb-balletes.localinfo.jp/


 


バレティス福岡 春日市にて新規教室開講!


 


8/5(土)春日総合スポーツセンターにてスタートです!武道場3にて開催!


 


 

コメント 1
コメント 0
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!