生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

AKI (女性・香川県)

フォローする

香川在住、31歳で男児二人の子育てをしているAKIです。
アロマテラピーやハーブに少々精通しているのでそれらを取り入れた暮らしや
田舎ならではののんびり、しかし逆に新しい?生活スタイルをアップしていけたらと思っています☆よろしくお願いします☺

2018 2月
    123
45678910
11121314151617
18
192021222324
25262728   
CATEGORY
ARCHIVE

2017年06月08日 14:15

ミントとレモンでスッキリリフレッシュッ★

CATEGORY : ハーブ
 暑くなってきましたね。地域によっては梅雨入りもして、ジメジメ嫌な季節ですね‥

私は虫が苦手で苦手で、結婚してこっちに住みだして最初にぶち当たった壁が夏の虫問題だったのですが‥‥3年経って少しは耐性もついてきたものの、やはり苦手な季節です(。・_・)

でも、庭(というか敷地内?)のあじさいはお見事!自然と暮らすってこういうことなんだなーと田舎暮らし4年目でようやく体でわかってきたような気がする今日この頃。






 最近は自分でお花やハーブを育てだし、毎日お水あげたり間引いたり、初心者ながらガーデニング生活を楽しんでいます☺



で、最近はまっているのが自家製ミントレモンスカッシュなのです✨


炭酸水500㎖に、ミントの葉っ30~40枚ほど、密閉容器に入れて一日つけておきます。(私はスペアミントとアップルミントを半分ずつぐらい入れました。)



グラスに氷と蜂蜜を入れ、ミントを漬けた炭酸水を注ぎ、最後にレモンをギュッと絞ります✨


炭酸が抜けない程度に軽くかき混ぜて出来上がりです(^^)


これがまー爽やかスッキリおいしくて☺市販の炭酸飲料みたいに甘すぎないし、Not添加物!しかもミントってこんなに清涼感あるのに実は体を温める効果があるので、夏のクーラー冷えにもぴったり⭐

ただ蜂蜜はやっぱり冷たいドリンクでは溶けにくいので、シロップなどでもオーケーです☺私は今ちょっと減、砂糖に取り組んでいるので頑なに蜂蜜で頑張りますが(笑)


これからの季節、毎日でも飲みたい!と思うほどほんと美味しいのですが、実はミントは授乳中には不向きのハーブのため、私は時々しか飲めません(。・_・)

あと、飲み過ぎるとおなかが緩くなる方もいらっしゃるようなので、やはり飲み過ぎはNGです。


オシャレで夏にぴったりのドリンクなので、お友達が来たときなどにも是非!ワンランク上のおもてなしができますよ✨






コメント 0
コメント 0
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。