生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

AKI (女性・香川県)

フォローする

香川在住、31歳で男児二人の子育てをしているAKIです。
アロマテラピーやハーブに少々精通しているのでそれらを取り入れた暮らしや
田舎ならではののんびり、しかし逆に新しい?生活スタイルをアップしていけたらと思っています☆よろしくお願いします☺

2017 11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122
23
2425
2627282930  
CATEGORY
ARCHIVE

2017年06月08日 14:15

ミントとレモンでスッキリリフレッシュッ★

CATEGORY : ハーブ
 暑くなってきましたね。地域によっては梅雨入りもして、ジメジメ嫌な季節ですね‥

私は虫が苦手で苦手で、結婚してこっちに住みだして最初にぶち当たった壁が夏の虫問題だったのですが‥‥3年経って少しは耐性もついてきたものの、やはり苦手な季節です(。・_・)

でも、庭(というか敷地内?)のあじさいはお見事!自然と暮らすってこういうことなんだなーと田舎暮らし4年目でようやく体でわかってきたような気がする今日この頃。






 最近は自分でお花やハーブを育てだし、毎日お水あげたり間引いたり、初心者ながらガーデニング生活を楽しんでいます☺



で、最近はまっているのが自家製ミントレモンスカッシュなのです✨


炭酸水500㎖に、ミントの葉っ30~40枚ほど、密閉容器に入れて一日つけておきます。(私はスペアミントとアップルミントを半分ずつぐらい入れました。)



グラスに氷と蜂蜜を入れ、ミントを漬けた炭酸水を注ぎ、最後にレモンをギュッと絞ります✨


炭酸が抜けない程度に軽くかき混ぜて出来上がりです(^^)


これがまー爽やかスッキリおいしくて☺市販の炭酸飲料みたいに甘すぎないし、Not添加物!しかもミントってこんなに清涼感あるのに実は体を温める効果があるので、夏のクーラー冷えにもぴったり⭐

ただ蜂蜜はやっぱり冷たいドリンクでは溶けにくいので、シロップなどでもオーケーです☺私は今ちょっと減、砂糖に取り組んでいるので頑なに蜂蜜で頑張りますが(笑)


これからの季節、毎日でも飲みたい!と思うほどほんと美味しいのですが、実はミントは授乳中には不向きのハーブのため、私は時々しか飲めません(。・_・)

あと、飲み過ぎるとおなかが緩くなる方もいらっしゃるようなので、やはり飲み過ぎはNGです。


オシャレで夏にぴったりのドリンクなので、お友達が来たときなどにも是非!ワンランク上のおもてなしができますよ✨






コメント 0
コメント 0
時間がない人の「上手な休み方」 自律神経ケアでパッと疲れがとれる!
しっかりカラダを休めたはずなのに、疲れが残っている…その原因は、自律神経の乱れにあるかも!? そもそも「休む」とは、「動かないこと」ではないんです!
代謝が上がって、やせ体質になる!ラム肉の冬ごちそう
スーパーでも見かける機会が増えてきたラム肉。カラダを温める効果があり、肌寒い今の時期が食べ頃の食材です。脂肪の燃焼を促進するという嬉しい働きも。おいしくて簡単なラム肉料理をご紹介します。
「下がり鎖骨」注意報! V字回復、狙います
首や肩のつらいコリの原因に新事実が発覚! それが「下がり鎖骨」です。放っておくとコリが悪化するだけでなく、手のしびれや冷え、動悸、さらには抑うつ状態になることも。
体幹リセット! ワンポーズストレッチ ダイアリー
ワンポーズ60秒のお手軽ストレッチで、年末までにやせやすいカラダに生まれ変わる!1か月後の自分に目を見張るはず!
贈り上手なあの人から、 気のきいたプレゼントを教わりました カラダにおいしいカジュアルギフト
お歳暮やお中元が年々カジュアルになってきたり、プチギフトを贈り合う機会が増えています。せっかく贈るならカラダにいいもの、そして、こんなセンスあふれるものを贈りませんか?
美文字が書ける人は内面も美しい
文字はていねいに書くと、気持ちが落ち着きます。書と向き合って内面を見つめ、ココロを整えてみませんか。
すっきり! 細見せ「ニットワンピ」
1枚着るだけでサマになるニットワンピースは忙しい朝の味方! それにじつは選び方次第で着やせして見えるんです。気になる部分をカバーして着映えする1枚と、それに合わせた靴を選んで、冬でもすっきり見せを目指しましょう。
目指すべきは、感じのいい「薄づき」肌美人!
大人になった自分が一番輝くナチュラルメイクを、雑誌をはじめあらゆるメディアで引っ張りだこのAYAさんが指南!
いつもの食材3つで薬膳効果!「おくすり野菜鍋」
寒~い冬、鍋料理の出番が多くなります。いつものお鍋に「医食同源」の薬膳の知識を取り入れれば、美容と健康をサポートするおいしい”おくすり鍋”になるんです。