生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

SAO♡ (女性・東京都)

フォローする

はじめまして。
都内在住の1歳の男の子mamaです♡
育児やファッション、その他お買い物など色々と書いていきます♬
皆さんとたくさんコミュニケーションがとれるようになると嬉しいです!!

ファッション雑誌やママ雑誌で不定期に読者モデルをしています(*^_^*)
saitaでも皆様と一緒にweb&誌面を盛り上げていきたいと思います!!
宜しくお願いします♬

インスタのアカウントを追加しましたので、
新しくフォロー頂く場合はこちらでお願いします♡
インスタ→@saori_llife_diary

既にフォロー頂いている方にはこちらからまたフォローさせて頂きますね♬

2017 3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2628293031 

2017年03月27日 06:45

電車好きな息子を連れてショッピングモールの鉄道おもちゃ専門店へ♡

CATEGORY : ケータイ投稿
いつもいいね、やコメントを頂きありがとうございます♬
昨日は寒かったですね。

アウトレットモール巡りをしたかったのですが、
私が寒いの苦手なのでショッピングモールに
連れて行ってもらいました♬

そこには鉄道のおもちゃ専門店があって、
お店で借りたミニチュアの電車ををジオラマの上で
走らせることが出来るんです!!

見るだけでしたのでレンタル料は分からないのですが、
電車好きな男の子はもちろん、
鉄道好きな方などには夢の場所だと思います♬

いやいや鉄道に興味がなくても面白いかも!

うちの息子も例に漏れず、
大興奮で目の前を走るミニチュア電車を見ていました♬

おもちゃなんて言っても7両編成で1万5千円とか、
レアなものだと5万円超えとか、
かなりいいお値段するんですね。。
確かに立派なミニチュアでした!


そういえば、1歳2ヶ月にして最近一言目の
言葉を話せるようになりました。

一言目は大好きな「電車(でんた)!」でした!!

もともと電車大好きで電車を見るたびに
ルンルンしていたのですが、
最近になって電車を見ると「でんた!でんた!」って♡



ここで1時間近くジオラマを眺めていました。


でも実は本当の一言目は「パイパイ」。
これは結構前から言えていたのですが、
主人がパイパイが一言じゃ恥ずかしいからって
一言目認定を見送っていました、笑。

やっと公表できる言葉が言えるようになって良かったー★

でんたを見た後はショッピングをしたり、
お茶をしたりしてフードコートで夜ご飯♬


お気に入りのカレー屋さんでエビカレーとナンのセットを♬
もちろんこれだけでは足りないのでチキンカレーのハーフと
ライスも追加♬
安定の大食いです♬

これからまた皆様のところにも遊びに行かせて下さいね♡


インスタのアカウントを追加しましたので、


新しくフォロー頂く場合はこちらでお願いします♡


インスタ→saori_llife_diary


 


既にフォロー頂いている方にはこちらからまたフォローさせて頂きますね♬

コメント 1
コメント 2
私たちの新ヨーグルト生活
ヨーグルトは、日本では明治時代に普及し始め、今や朝食や間食だけでなく、調味料としても活躍の場を広げています。そんな私たちの食卓に欠かせないこの健康食品には、まだまだ知らなかったことがいっぱい!
「1食糖質40g」の食べられる糖質制限
カロリー制限が「我慢」するダイエットなのに対し、マイペースに、おいしいものをお腹いっぱい食べながら続けられるのが、「ゆるやかな糖質制限」=「ロカボ」です。
約100円トマト缶の底力2017
買いおき食材の代表・トマト缶。saita創刊号の特集のひとつでした。以前と変わらぬ…いえ、さらに進化して私たちの生活に溶け込んでいる万能活用法をご紹介します!
身につく「作り置き」で即、「作りたて」献立!
作り置きのおかずがあれば、当日作るおかずは1~2品でいいので、献立作りが超ラク! 組み合わせ自由自在の「作り置き」& 「作りたて」おかずを、人気ブロガーのスガさんが教えてくれました。
『東北食べる通信』が今、全国に広がっています!
各メディアから熱い視線が注がれる、『東北食べる通信』の高橋博之編集長に密着しました! 創刊当初の話から現在の食べる通信の広がり、そして今後についてを伺いました。
自転車に乗るから着たい サラリきれいめ服
暖かくて外で過ごせる時間が長くなってきた今こそ、さっそうと自転車に乗っていろんなところに出かけたい!
トップスを決めるだけ! 考えないコーディネート
毎日のコーディネート、迷ったり時間がかかったりしがち…。そんなお悩みを解決するなら、コーディネートをルール化するのがおすすめ。