生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

かずrin (女性・埼玉県)

フォローする

2010年産まれの娘のママです。
ずっと住んでいた名古屋から埼玉へ引っ越してきました。
MC、3期4期のあんふぁんメイトをしています。
よろしくお願いします。
インスタ・・・KAZURISE(フォロー・コメント嬉しいです♡)

2018 2月
    123
45678910
11121314151617
181920
21
222324
25262728   

2017年10月30日 09:00

美肌菌を育てる!!すごいコスメ♡

CATEGORY : ブログ
お久しぶりですが・・・

感動したコスメに出会ったので、ご紹介させていただきま~す!!

肌に常在する美肌菌って知ってますか!?

その美肌菌に着目し、活性化することにより自らの肌で潤い成分を作り出すという全く新しいタイプの化粧水なんです。

株式会社 GPトレーディングのBionist (ビオニスト )



美肌菌を「増やす、育てる、強化する」ことにより、今まで感じる事が出来なかった保湿感を実感できます。

ヒト由来乳酸菌生産物質を配合。

このヒト由来乳酸菌生産物質を肌に入れることで自分が元々持っている【美肌菌】を増やして育て潤い成分を自分の肌で作り出すことができるんです(^^)

そもそも【美肌菌】とは!??

皮膚の表面にいる善玉菌(表面ブドウ球菌)です。善玉菌が作り出す保湿成分(グリセリン)は肌の潤いを高め、ハリ・ツヤ・防護作用と若さを保つバリア機能を高めてくれるんです!!

悪玉菌が発する代謝物が老化の1番の原因とされているので、美肌菌を増やすことで悪玉菌の繁殖を防いで、老化も防いでくれます。

【美しさの差=美肌菌の差】というくらい美肌菌は“美”にはかかせない存在。

従来の化粧水のように外から潤いを補うのではなく自分が元々持つ美肌菌を育てることで自らの肌の潤いや素肌力を向上させます!!

とにかく、浸透力のよさに感動!!!



伸びもよくて、あっという間に、お肌に浸透していきます。

お肌がしっとり潤って毛穴もひきしまります。

わたしは、お風呂上りにパックとしても使用してます。

エステサロンで32億円売れている成分を配合しているので安心!!

これ1本で高級化粧水・高級美容液の働きをしてくれるのでコスパもいいんです。

弱酸性なので乾燥肌や敏感肌の方にもオススメ。

全国のバラエティショップや通販で購入できます。



コメント 0
コメント 0
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。