生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

JURI (女性・群馬県)

フォローする

はじめまして♪

2008年3月生まれの娘をもつ1児の母です。

外見は、ママに見えないママを目指して
内面は、年相応なステキな女性(ママ)を目指して
日々勉強&努力してます。

娘は先天性疾患があり、現在治療中なので
不自由な所もあるけれど元気いっぱい!
でも、それも今年で一区切りつく予定。

*疾患に関してですが、隠す事はしたくないので
ブログではオープンに書いていこうと思っています。
文章表現、画像等はもちろん気を付けますが
それでも不快に思う方は、スルーでお願いします。
疾患そのものに対する苦情や非難、中傷などは
受けませんので…宜しくお願いします。

2018 2月
    123
45678910
11121314151617
1819
20
21222324
25262728   

2012年03月16日 13:18

息抜き中の惨劇…

CATEGORY : ケータイ投稿
ミスドで楽しくお喋り中、突然目に映った光景。



交差点で一台の軽自動車が宙を舞う姿



…そう、交通事故です。





大通り沿いにある店舗で、その通り側がガラス張りの造り。

私はちょうど、通りが見える位置に座ってたんです。



あっと思った瞬間に、宙を舞った軽自動車は横転。

ぶつかったもう一台は、歩道側のガードレールに乗り上げてました。



結構な勢いだったみたいで

破片はたくさん散らばってるし

おそらくだけどガソリンも漏れだして…



たまたま携帯をテーブルの上に出していたので

すぐに警察へ通報しました。



救急車への通報は、おそらく事故現場に駆け付けた方がしていると思ったし

怪我人の状況を説明出来ないのでしませんでしたが。。。

数分で救急車と消防車が来たので、よかったです。



その後パトカーも到着して、淡々と事後処理を行っていました。





通報時に、自分が居た場所(ミスド)も名前も伝えたけど

特に警察が聞きに来ることもなく

お迎え時間になった事もあったので、店を後にしました。

名乗り出た方がいいのかな?とも思ったけど

見たのはぶつかった後の所からだから

何にも証言できないし…ね。







はー…。

まだドキドキしてるよ(汗)



コメント 0
コメント 2
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。