生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

nao (女性・兵庫県)

フォローする

2017年10月31日に女の子を出産♡
新米ママです☺︎
結婚前は会社員・結婚後は公的機関に勤務。
妊娠してからはwebライターをしています。
*
*
サロンモデル/読者モデル/ネットショップモデルetc...
*
*
≪スキ≫
刺身、おやつ、アイス、料理、お菓子作り、ネイル、アクセサリー作り、買い物、旅行、カフェ巡り、おでかけ、プチプラコーデ
*
*
保育士資格/幼稚園教諭/ネイリスト技能検定1級 取得

2017 11月
   1234
567891011
12131415161718
192021
22
232425
2627282930  
CATEGORY
ARCHIVE

2017年11月01日 21:03

不妊治療を経て

CATEGORY : ケータイ投稿
10月31日に女の子を出産しました。



結婚して4年。なかなか子どもに恵まれず悩み、不妊治療に踏み出しました。

自然妊娠は恐らく厳しいと言われ、撃沈。

『今日の結果では可能性はほとんど0に近いからまた来月挑戦しましょう』と先生に言われるたび、待合室で涙をこらえるのに必死でした。

それでも同じ立場の友達や家族、まわりの人に励まされ、やっと今回授かることができました。

嬉しすぎて、発覚したときは何が何だかよくわかりませんでした。笑





つわりでご飯も掃除も何もできず、旦那さんと母に頼りきりだった妊娠5週から20週。

唯一食べられたパリンコのおかげで、ギリギリ入院を免れました。

寝てるだけの私に対して嫌な顔ひとつせず、仕事で疲れているのに家事全般をきちんとこなしてくれた旦那さんには本当に感謝してもしきれません。

改めてこの人と結婚できて良かったと実感。



6ヶ月以降は急激に体調が良くなり、地元のカフェ巡りやおでかけ三昧。

そのおかげか健診ごとに2~3kgずつ体重が増え、助産師さんに毎回怒られました。



7ヶ月になり、お腹がやたら張るし少しでも歩くと激痛に襲われおかしいと思っていたら切迫早産で絶対安静。

また寝たきりの日々…。

そして後期づわり。

私の楽しいマタニティライフは2ヶ月で終了しました。笑

そして動けないため体重増加増加増加。

6ヶ月まで全然増えなかった体重は、後半追い上げがすごすぎて、結局出産した38週時点で14キロも増えてました(笑)

帝王切開で早めに出さなかったらきっとすごいことになってたはず。



食中毒、胃腸炎、貧血、肋間神経痛、足の血腫など、マイナートラブル多発の10ヶ月。

しんどいこともたくさんあったけど、その度に赤ちゃんがポコポコお腹を蹴ってくれたおかげで幸せな気持ちになるほうが多かった。



自分が母になったという実感はまだまだですが、この子が将来『この家に生まれてきて世界一幸せ』と思えるような毎日笑顔の絶えない楽しい家庭にきていきたいと思います。
 

 

コメント 1
コメント 0
時間がない人の「上手な休み方」 自律神経ケアでパッと疲れがとれる!
しっかりカラダを休めたはずなのに、疲れが残っている…その原因は、自律神経の乱れにあるかも!? そもそも「休む」とは、「動かないこと」ではないんです!
代謝が上がって、やせ体質になる!ラム肉の冬ごちそう
スーパーでも見かける機会が増えてきたラム肉。カラダを温める効果があり、肌寒い今の時期が食べ頃の食材です。脂肪の燃焼を促進するという嬉しい働きも。おいしくて簡単なラム肉料理をご紹介します。
「下がり鎖骨」注意報! V字回復、狙います
首や肩のつらいコリの原因に新事実が発覚! それが「下がり鎖骨」です。放っておくとコリが悪化するだけでなく、手のしびれや冷え、動悸、さらには抑うつ状態になることも。
体幹リセット! ワンポーズストレッチ ダイアリー
ワンポーズ60秒のお手軽ストレッチで、年末までにやせやすいカラダに生まれ変わる!1か月後の自分に目を見張るはず!
贈り上手なあの人から、 気のきいたプレゼントを教わりました カラダにおいしいカジュアルギフト
お歳暮やお中元が年々カジュアルになってきたり、プチギフトを贈り合う機会が増えています。せっかく贈るならカラダにいいもの、そして、こんなセンスあふれるものを贈りませんか?
美文字が書ける人は内面も美しい
文字はていねいに書くと、気持ちが落ち着きます。書と向き合って内面を見つめ、ココロを整えてみませんか。
すっきり! 細見せ「ニットワンピ」
1枚着るだけでサマになるニットワンピースは忙しい朝の味方! それにじつは選び方次第で着やせして見えるんです。気になる部分をカバーして着映えする1枚と、それに合わせた靴を選んで、冬でもすっきり見せを目指しましょう。
目指すべきは、感じのいい「薄づき」肌美人!
大人になった自分が一番輝くナチュラルメイクを、雑誌をはじめあらゆるメディアで引っ張りだこのAYAさんが指南!
いつもの食材3つで薬膳効果!「おくすり野菜鍋」
寒~い冬、鍋料理の出番が多くなります。いつものお鍋に「医食同源」の薬膳の知識を取り入れれば、美容と健康をサポートするおいしい”おくすり鍋”になるんです。