生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

ひろみぃ (女性・埼玉県)

フォローする

こんにちは。

埼玉県に住む、小学校1年生の男の子のママです。
都内のハウスメーカーで正社員で働いています。

一度仕事が忙しくアカウントを削除しましたが、再登録しました。

以前と同じように、好きなことをマイペースに更新したいと思います。

*好きなこと*
料理、コスメ、お洋服、裁縫、旅行、家事、育児
インテリア、仕事、カフェ、読書、家族とお出掛けなどなど・・・

2017 8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年08月06日 19:12

パパご飯とCANMAKE

CATEGORY : パパごはん
今日は学生時代のお友達が東京に来るというので、(徳島へ嫁いだのです)
1年ぶりに会ってきました!

新宿であったのですが、話に夢中になりすぎてなんの写真も残っておらず・・笑
カフェが結構すきなので、今度はぜひアップできたら。
カフェで甘いものを食べたり、のんびりしたり。好きなんです。
新宿は勤務地なので、よく出没します.笑



最近パンダ目に悩まされていたので、昨日CANMAKEのウォータープルーフマスカラを購入。
早速本日使っていました。
今日は朝8時頃から夕方まで外にいて、汗もかきましたが全然落ちず。
とっても優秀です^^
これで数百円なんて、すごい。
一度塗りだととっても自然な感じだったので、2度塗りしましたが、
だまにもならず、楽々塗れました。
もともと下地やトップコートとしても使えるもののようなので、そんな時は一度塗りでも
いいかもですね。



本当はこまめにメイク直しできればいいのですが、普段仕事で電話や打ち合わせが
続くとなかなか理想通りでは席を立てず。
でも全然落ちないので助かりそう。明日も使ってみよう!




帰ってきたら、パパさんが唐揚げ作ってくれました!
この前セブ島旅行のお土産の粉です。
フィリピンではCMで流れているようで人気なのかな?笑

BBQでしたは少し甘めで子どももむしゃむしゃ食べていましたよーー
パパは旅行が趣味でちょくちょく1人でどこか行ってしまうので、また
買ってきてもらいます。
アジアと東南アジアはカンボジア以外は全部行っているので、時々こんな
お土産もアップでしたらと思いますー^^

お風呂も今夜は一緒に入ってくれるようなので、かなりのんびりさせてもらった
1日でした。

また明日もあ仕事頑張ります!!!








コメント 0
コメント 0
年中温かいカラダは、太りにくい! 冬前こそ「血流やせ」
血めぐりをよくする、強い血管をつくる、質のよい血液を増やす。寒くなる前に、自ら熱を生み出すやせ体質にシフトするための、暮らしの中で今すぐできる血流改善方法をご紹介します。
「そこそこ家事」でココロが元気になる暮らし
「家事、育児、仕事のすべてを完璧にこなすなんてムリ!」。そういいきるのは、シンプルライフ研究家のマキさん。ココロが元気になる家事の心構えを教えてもらいました。
頭にきたら…ジャムを煮よう。
イライラやもやっとした気持ちが日常生活の中で生まれること、あると思います。そんなときは、お鍋でコトコトとジャムを煮れば、果物やミルクと一緒に、心にたまっていた黒い気持ちもとろりと溶けて、穏やかな気分に。
今すぐ始めたい期待の即効性! シミとシワのリセット術
鏡を見て、「あれ?なんか老けたかも?」と違和感を覚えたら、まずはシミとシワのケアが急務です。即効性のあるリセット術でハリのあるキレイなつや肌を目指しましょう!
ヘタっぴでも、初心者でも、ポイントを押さえればこの完成度に! 「白崎茶会」のヘタスイーツ
お菓子作りは難しいものだと思っていませんか? 人気の料理教室主宰・白崎裕子さんいわく、「ヘタには理由がある」のだとか。ヘタっぴが抱える疑問や悩みを白崎さんがていねいに解消します!
「骨格診断」でわかった! スッと細見せできる服
骨格や筋肉のつき方で似合う服が違うってご存じですか? 骨格診断で自分の体型を知って、着やせ&スタイルアップを目指しましょう! 
首ヨガで年齢バレの首シワにさよなら!
メイクを完璧に決めていても、首にシワがあると、たちまち年齢がバレてしまいます。そうならないために行いたいのが『首ヨガ」。首のシワをなくして、若々しい印象を手に入れましょう!
ゲッターズ飯田さんのググっと開運引き寄せ占い
今年も残すところあと3か月! 2018年の運気を上げるために、この3か月をどう過ごせばいいのか? 驚異的な的中率を誇る最強の占い師・ゲッターズ飯田さんを緊急取材しました。
つながり過多の今だからこそ“ひとり上手”に!
フェイスブックやインスタグラムなどのSNSの普及もあって、今の日本は、つながり過多の社会です。そんな時代だからこそ、逆に「ひとり」でいることの大切さに、今、注目が集まっています。