生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

ひろみぃ (女性・埼玉県)

フォローする

こんにちは。

埼玉県に住む、小学校1年生の男の子のママです。
都内のハウスメーカーで正社員で働いています。

一度仕事が忙しくアカウントを削除しましたが、再登録しました。

以前と同じように、好きなことをマイペースに更新したいと思います。

*好きなこと*
料理、コスメ、お洋服、裁縫、旅行、家事、育児
インテリア、仕事、カフェ、読書、家族とお出掛けなどなど・・・

2017 8月
  12345
6789101112
1314151617
18
19
20212223242526
2728293031  

2017年08月04日 07:43

続き・・・

CATEGORY : ネイル


朝時間があったので。
親指、中指、小指の半分を茶色にしてみました(^^)


マスキングテープを使うとまっすぐ塗れますね。
不器用な私でも楽々できましたー♪

今日頑張れば明日明後日お休みなので、頑張ってきまーす!!
息子さんは、まだ開いてもいないのに、早く学童に行きたいと騒いでいます.笑笑笑
コメント 2
コメント 0
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!