生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

AKI (女性・香川県)

フォローする

香川在住、31歳で男児二人の子育てをしているAKIです。
アロマテラピーやハーブに少々精通しているのでそれらを取り入れた暮らしや
田舎ならではののんびり、しかし逆に新しい?生活スタイルをアップしていけたらと思っています☆よろしくお願いします☺

2017 9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425
26
27282930
CATEGORY
ARCHIVE

2017年04月21日 08:50

一日のはじまり。

CATEGORY : アロマ
 初めての投稿‥とっても緊張しますね(^^;)
プロフィールでも書かせてもらったとおりわたくし、少々アロマに詳しく普段から生活の一部として取り入れているのですが、まだまだアロマテラピーというと敷居が高かったり難しそうと思われていたりする方、とっても多いみたいですね?

 
実にもったいない。

 私も0歳ともうすぐ2歳になる男児二人を育てている身。ゆっくりアロマを焚いてお茶飲みながら読書して‥‥なんて暇はありません(-_-;)(笑)その中で実際、私がどのようにアロマを取り入れているのかを少しずつお伝えしていけたらと思っています✨ 今日はまず、毎朝のお掃除編☀

私は朝起きたらまず、玄関を掃除します。時間がないときはほうきでさっと掃くだけなのですが、余裕のある朝は玄関のドア、靴箱はもちろん、私は三和土まで水拭きしちゃうのです♩(余談ですがこの三和土を水拭きする習慣は、人生がときめく片付けの魔法で有名なこんまりさんの著書を読んで実践し始めたのですが、これをやるとおうちが格段に気持ちよくなる気がします。)



で、このとき、バケツの水にアロマオイルを数滴垂らすだけであら不思議。ものの5分で玄関がとっても爽やかな空間に✨
私は最近は専らヒノキオイルでお掃除するのですが(個人的に大好きですし、ヒノキの香りはムカデなどの害虫が嫌う香りだというので 笑)、ミントやレモンなど、スッキリとした香りがお勧めですね♩






特別な道具がなくても好みの精油一本から始められるので、是非参考にしていただければ☺

綺麗な玄関からは良い情報やお知らせも入ってくると言いますし、わたしもなるべく毎朝できるよう、努力しています⭐









いいね 3
コメント 2
ストレス太りは本当だった! ココロをゆるめれば、下腹からやせていく!
じつは、ストレスがカラダのたるみに関係しているんです。そしてなんとそのストレス解消に、横隔膜と股関節が大きく関係していることが判明! これらをほぐして、健康的に下腹からどんどん引き締めていきましょう!
「乳がん」になってわかった「私」のこと
今や、日本人の2人に1人ががんになる時代。病気になってはじめて、自分の弱さ、強さに気がつく。それを受け入れて闘病を乗り越え、今、自分自身を見つめ直している5人の方にお話を伺いました。
カラダにおいしい! 献立がぐっと引き締まる! 「ほろ苦」料理の楽しみ方!
新しい大人の味として注目されている、「苦み」を効果的に使った「ほろ苦」レシピ。どれも身近な食材で試せるものばかりなので、食欲の秋、味わいの世界を広げてみませんか?
暮らしを映す“、だし使い”と普段料理
上手にだしとつきあう方々に、暮らしに合わせた取り入れ方や、普段食べている、だしのきいた料理を教えていただきました。
特別付録 読むだけでやせる女医の言葉 猫日めくり
めくるたびに、ココロ癒やされる猫たちと、読むたびに、カラダ引き締まる生活習慣改善アドバイス。
肩のこらないラクチンアイテム オフの日スタイルは「パーカ」で細見せ!
この秋は大人が着てもかっこいい、そして細見えする、上質な一枚を手に入れて着こなしをアップデートしましょう!
人気インスタグラマーの暮らしSNAP
今やインスタグラムはただのSNSにあらず、トレンドと知恵が集まる場所! 人気インスタグラマー13人の魅力とともに、インスタグラムに集まったワザありpostをご紹介します!
「フードロス」を減らすために、今日からできること
世界には飢餓に苦しむ人がいれば、日本でも貧困格差が問題に。一方で、まだ食べられるものを捨てているフードロス。日本はその半分近くが一般家庭から! 身近な大問題に迫ります。
人間関係の断捨離で時間とお金に余裕ができた!
友人知人は数が勝負とばかりに人脈を広げたら、おつきあいに費やす時間やお金がかさみ、かえって重荷に…。そんなときは、思いきって人間関係の断捨離を! ココロにもゆとりが生まれます。
「天然のデンタルリンス」を増やして美歯づくり
スキンケアはていねいにするのに、歯のケアには無頓着という人も多いのでは? 美肌ならぬ美歯をつくるには、実は唾液の量や質が関係しているそうなのです!