生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

かずrin (女性・埼玉県)

フォローする

2010年産まれの娘のママです。
ずっと住んでいた名古屋から埼玉へ引っ越してきました。
MC、3期4期のあんふぁんメイトをしています。
よろしくお願いします。
インスタ・・・KAZURISE(フォロー・コメント嬉しいです♡)

2017 8月
  12345
6789101112
1314151617
18
19
20212223242526
2728293031  

2017年07月10日 14:30

撮影&ハンドメイド×code

CATEGORY : ブログ
暑いですね~!!

気づいたら7月。

夏休みも、もうすぐですね~。

先週の金曜日は撮影に呼んでいただきました!!

詳しい内容は、来月号で♡

今まで見えなかった自分の感情をズバリ当てられて

これから、少しずつ・・・先生に言われたことを

意識して考え方も変えられたらな~って思います!!

右下、ご一緒したメンバー。





そして最近、数年ぶりなハンドメイド。

今更だけどスパデティバックに挑戦!!

ダイソーで材料調達したから、めちゃくちゃプチプラで完成しました!!

インスタ・・・kazurise

お気軽にフォロー大歓迎です!!
いいね 3
コメント 2
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!