生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

sakurako (女性・東京都)

1984年08月31日生まれ

フォローする

はじめまして♡
0歳女の子の新米ママです


妊娠するまで、キャリアウーマンだったので、専業主婦生活はまだまだなれず、いろいろ勉強中です。


ミーハー主婦で雑誌読んだり、アフタヌーンティーに行ったり、かわいいアイテム探したりするのが好きです♡たまに読者モデルもしています♡

よろしくお願いします♡



Feel free to follow my instagram page!
ID:ma_sakuran

2018 2月
    123
45678910
11121314151617
1819
20
21222324
25262728   

2017年11月14日 08:52

7ヶ月検診

CATEGORY : ケータイ投稿
ブログ訪問ありがとうございます♡





私の住んでいるエリアはなんと
6~7ヶ月検診は必ず
推奨はされていない場所でした


10ヶ月検診はお知らせがくるようですが
自費で受けたい人が受ければいいようで




受けてきました!









この日のロンパースは組曲のです


我が娘のかかりつけの病院は
先生が気さくで明るい先生


綺麗で水槽もあるクリニックに
気に入っています♡








体重の増加はやはりゆるやかになるんですね


先月より+1㌔でした!


そして身長
あいかわらずの成長曲線離脱( ̄▽ ̄;)


あまり高いとロンパース丈感がへんなので
困ります(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)


体重と身長は成長曲線上なのに
頭囲が成長曲線下なのも
ちょっと心配だったり


母の心配はなくなりません


発達は
寝返りができれば良いみたいで
娘はもうおすわりができているため
心配ないと言われました♡


歯が生えていないのは
1歳半までに生えれば良いといわれたので
焦らず待ちます







検診後は疲れたのかぐっすりおねんねタイム


約9キロの娘をだっこして寝かすと
最近手が痺れてきます


でもついつい
この期間は今だけと思うと
抱っこを求めたらできるだけ
してあげたいなと思ってしまいます♡





最後までお読みいただき
ありがとうございます♡




























いいね 0
コメント 0
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。