生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

shukana (女性・東京都)

フォローする

2013年10月生まれの男の子、2016年6月生まれの男の子のママ。
saita公認ママライター2期生。2015年3月にJHRS(日本ヒーリングリラクセーション協会)リフレクソロジーのプロライセンスを取得し、リフレクソロジストになりました。

最近始めたアメブロはこちら↓
http://ameblo.jp/shukana0701/


その他は…
横浜・川崎のフリーマガジン“はぴはぴ”企画室所属。
子育て支援施設mother's cafeでリフレクソロジーのママ講師をやっています。
Instagram→@shu_kana

2017 9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24
25
2627282930

2017年03月24日 13:59

塩ヨーグルト試してみました♡

CATEGORY : ケータイ投稿
いいね!やコメントありがとうございます♡



書きたいことがまた溜まっていますが…
遡って少しずつ書きたいと思います。
後ほど皆さんのブログにもお伺いさせて下さい♡




saita4月号に掲載されていたヨーグルト特集。
ヨーグルト大好きで毎日必ず食べているので、
お試ししたいレシピがたくさん!!


まずは【塩ヨーグルト】

ヨーグルトに塩を混ぜるだけで色々使えて便利ですよね♪




私は鶏胸肉、つけダレ、塩ヨーグルトを保存袋に入れて

半日位おいてみました。
※誌面では30分ほど




鶏胸肉の竜田揚げ

(揚げずにそのまま焼いたものですが)
夫も長男も「やわらかいー!」とビックリしていました。
長男大のお気に入りおかずに( ´艸`)

胸肉のパサパサ感もなくなり本当に本当に柔らかい♡
発酵食品効果ですね!
冷めても柔らかさはほぼ変わらずだったので、
お弁当に入れるおかずの定番になりそうです。




クックパッドコラボのファインスパイスを入れて
ちょっとアレンジver.




塩ヨーグルト、ハマりそう♡
まだまだ作りたいレシピがたくさんなので、
お試ししてみようー!

水きりヨーグルトのスイーツも気になります( ´艸`)
ヨーグルトの消費がこれからさらに増えそうです笑
いいね 7
コメント 9
ストレス太りは本当だった! ココロをゆるめれば、下腹からやせていく!
じつは、ストレスがカラダのたるみに関係しているんです。そしてなんとそのストレス解消に、横隔膜と股関節が大きく関係していることが判明! これらをほぐして、健康的に下腹からどんどん引き締めていきましょう!
「乳がん」になってわかった「私」のこと
今や、日本人の2人に1人ががんになる時代。病気になってはじめて、自分の弱さ、強さに気がつく。それを受け入れて闘病を乗り越え、今、自分自身を見つめ直している5人の方にお話を伺いました。
カラダにおいしい! 献立がぐっと引き締まる! 「ほろ苦」料理の楽しみ方!
新しい大人の味として注目されている、「苦み」を効果的に使った「ほろ苦」レシピ。どれも身近な食材で試せるものばかりなので、食欲の秋、味わいの世界を広げてみませんか?
暮らしを映す“、だし使い”と普段料理
上手にだしとつきあう方々に、暮らしに合わせた取り入れ方や、普段食べている、だしのきいた料理を教えていただきました。
特別付録 読むだけでやせる女医の言葉 猫日めくり
めくるたびに、ココロ癒やされる猫たちと、読むたびに、カラダ引き締まる生活習慣改善アドバイス。
肩のこらないラクチンアイテム オフの日スタイルは「パーカ」で細見せ!
この秋は大人が着てもかっこいい、そして細見えする、上質な一枚を手に入れて着こなしをアップデートしましょう!
人気インスタグラマーの暮らしSNAP
今やインスタグラムはただのSNSにあらず、トレンドと知恵が集まる場所! 人気インスタグラマー13人の魅力とともに、インスタグラムに集まったワザありpostをご紹介します!
「フードロス」を減らすために、今日からできること
世界には飢餓に苦しむ人がいれば、日本でも貧困格差が問題に。一方で、まだ食べられるものを捨てているフードロス。日本はその半分近くが一般家庭から! 身近な大問題に迫ります。
人間関係の断捨離で時間とお金に余裕ができた!
友人知人は数が勝負とばかりに人脈を広げたら、おつきあいに費やす時間やお金がかさみ、かえって重荷に…。そんなときは、思いきって人間関係の断捨離を! ココロにもゆとりが生まれます。
「天然のデンタルリンス」を増やして美歯づくり
スキンケアはていねいにするのに、歯のケアには無頓着という人も多いのでは? 美肌ならぬ美歯をつくるには、実は唾液の量や質が関係しているそうなのです!