生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

shukana (女性・東京都)

フォローする

2013年10月生まれの男の子、2016年6月生まれの男の子のママ。
saita公認ママライター2期生。2015年3月にJHRS(日本ヒーリングリラクセーション協会)リフレクソロジーのプロライセンスを取得し、リフレクソロジストになりました。

最近始めたアメブロはこちら↓
http://ameblo.jp/shukana0701/


その他は…
横浜・川崎のフリーマガジン“はぴはぴ”企画室所属。
子育て支援施設mother's cafeでリフレクソロジーのママ講師をやっています。
Instagram→@shu_kana

2018 2月
    123
45678910
11121314151617
18
192021222324
25262728   

2017年03月24日 13:59

塩ヨーグルト試してみました♡

CATEGORY : ケータイ投稿
いいね!やコメントありがとうございます♡



書きたいことがまた溜まっていますが…
遡って少しずつ書きたいと思います。
後ほど皆さんのブログにもお伺いさせて下さい♡




saita4月号に掲載されていたヨーグルト特集。
ヨーグルト大好きで毎日必ず食べているので、
お試ししたいレシピがたくさん!!


まずは【塩ヨーグルト】

ヨーグルトに塩を混ぜるだけで色々使えて便利ですよね♪




私は鶏胸肉、つけダレ、塩ヨーグルトを保存袋に入れて

半日位おいてみました。
※誌面では30分ほど




鶏胸肉の竜田揚げ

(揚げずにそのまま焼いたものですが)
夫も長男も「やわらかいー!」とビックリしていました。
長男大のお気に入りおかずに( ´艸`)

胸肉のパサパサ感もなくなり本当に本当に柔らかい♡
発酵食品効果ですね!
冷めても柔らかさはほぼ変わらずだったので、
お弁当に入れるおかずの定番になりそうです。




クックパッドコラボのファインスパイスを入れて
ちょっとアレンジver.




塩ヨーグルト、ハマりそう♡
まだまだ作りたいレシピがたくさんなので、
お試ししてみようー!

水きりヨーグルトのスイーツも気になります( ´艸`)
ヨーグルトの消費がこれからさらに増えそうです笑
いいね 7
コメント 9
カゼに強くなる!免疫力アップで春まで元気!
入浴、睡眠、運動など、普段の生活習慣のちょっとした心がけで 免疫力を上げる方法を、今できることだけに厳選してご紹介します。
麻木久仁子さんの超簡単! 「ふだん薬膳」
国際薬膳師の免許を取得し、薬膳教室の講師も務めるタレントの麻木久仁子さん。免疫力が低下し、 体調をくずしやすい春におすすめの薬膳を教えていただきました。毎日手軽に実践できる、薬膳食材の健康効果もチェックしてみて。
たるみはB面[カラダの裏側]からゆるめて締める!
カラダの裏側にあたる「B面」が使われていないと、背中からオバサン化が進む危険性大! 今、注目すべき「B面」エクササイズをご紹介します。
冷蔵室で保存して、朝トースターで焼くだけ! いつでも焼き立て!「作り置きパン」
“パン生地を作り置きする”という新発想! 身近な材料と手軽さでもっと気軽に楽しめる方法が、ここにありました!
食べ過ぎたときは 1 食置き換え。具だくさんで低糖質! やせるおかずスープ
太りにくいカラダをつくるポイントが満載の食べるスープレシピ。食べ過ぎちゃった…というときは、夕食をこのスープに置き換えてみて。
とろ~りはちみつのすごい万能効果
近年とくに人気の、はちみつ。じつは、天然で純粋なものには、カラダにうれしい栄養がたっぷり含まれています。上手にはちみつの健康効果を取り入れるための、選び方や料理への活用法をご紹介します。
手持ち服「捨てるもの」「残すもの」&春一番の着回し術
いらない服と必要な服をきちんと見極めれば、クローゼットはすっきり、コーデの幅が広がって着回し力もぐ〜んとUP! 春の訪れとともに着こなしもクローゼットの中も軽やかに変身させましょう!
40代からの 元気になれる!「引き上げメイク」
年々たるんで、下向きに変化していく顔の印象。でも、普段のメイクに“光”と“影”を仕込むだけで、顔立ちや肌の質感など、引き上がった見た目になれるんです! 顔もココロも上向きにしてくれる、とっておきのメイク法をご紹介します。
#最新デトックス - saitaまとめ 「毒素」に負けず、きれいになるためのデトックス・ニュース
正しくデトックスするにはどうしたらいいのか? 最新の「デトックス」法について、お伝えします!
じつは内側からのケアが重要だった!アラフォーの「乾燥かゆみ」ケア
この季節、肌の乾燥かゆみが数年前より気になっていませんか? じつは40代からの乾燥対策は別もの。カラダの内側からケアを始めてみて。