生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

あさひ (女性・富山県)

1974年11月21日生まれ

フォローする

【ご訪問ありがとうございます♪】


赤ちゃん&未就学児のママの家づくりをサポート。
片づけとインテリアで、毎日の家事が楽になる
暮らしづくりをお手伝いしています。
18歳の娘と16歳の息子がいる2児のママ。

今期からsaitaリーダーズとして、活動させていただくことになりました。
フォロー&コメント大歓迎です♪
よろしくお願いします!


ライフオーガナイザー1級
整理収納アドバイザー1級
ルームスタイリスト2級
リユースマスター2級 

2017 8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年08月03日 16:05

はじめまして

CATEGORY : 私のこと



お立ち寄り頂き、
ありがとうございます。




今日かブロガーの仲間入りを
させていただくことになった
あさひと申します。



このたびsaitaリーダーズに
選んでいただいたのをきっかけに
こちらでもブログを開設いたしました。





アラフォーで二児のママ。
10年以上saitaを愛読しています








仕事は赤ちゃん&未就学児のママ向けに、
片づけとインテリアで、毎日の家事が楽になる
暮らしづくりをお手伝いしています。








整理収納のセミナーや

育児ママのおうちの片づけのお手伝い。
最近はWEBサイトでライターをさせてもらっています。




ライターをさせてもらっているサイト「LIMIA
暮らしの知恵が満載です。





こちらは掲載誌。



お片づけのアバイザーと言うと、

いつもスッキリした暮らしをしていると
思われがち。



でも基本ずぼらな主婦なので、
そんなことはありません(笑)
忙しいときには、散らかったりすることも・・・。



生活していれば、部屋は毎日違って当たり前。
生活感があっても当然だと思っています。




なので、私は
「散らかっても15分で戻せる家」が基本です。




こちらでは家事を楽にする
片づけのコツを中心に発信できればと思っています。


気になる方は
ぜひフォローやコメントで
繋がっていただければ嬉しいです。



どうぞよろしくお願いいたします♪








コメント 8
コメント 0
年中温かいカラダは、太りにくい! 冬前こそ「血流やせ」
血めぐりをよくする、強い血管をつくる、質のよい血液を増やす。寒くなる前に、自ら熱を生み出すやせ体質にシフトするための、暮らしの中で今すぐできる血流改善方法をご紹介します。
「そこそこ家事」でココロが元気になる暮らし
「家事、育児、仕事のすべてを完璧にこなすなんてムリ!」。そういいきるのは、シンプルライフ研究家のマキさん。ココロが元気になる家事の心構えを教えてもらいました。
頭にきたら…ジャムを煮よう。
イライラやもやっとした気持ちが日常生活の中で生まれること、あると思います。そんなときは、お鍋でコトコトとジャムを煮れば、果物やミルクと一緒に、心にたまっていた黒い気持ちもとろりと溶けて、穏やかな気分に。
今すぐ始めたい期待の即効性! シミとシワのリセット術
鏡を見て、「あれ?なんか老けたかも?」と違和感を覚えたら、まずはシミとシワのケアが急務です。即効性のあるリセット術でハリのあるキレイなつや肌を目指しましょう!
ヘタっぴでも、初心者でも、ポイントを押さえればこの完成度に! 「白崎茶会」のヘタスイーツ
お菓子作りは難しいものだと思っていませんか? 人気の料理教室主宰・白崎裕子さんいわく、「ヘタには理由がある」のだとか。ヘタっぴが抱える疑問や悩みを白崎さんがていねいに解消します!
「骨格診断」でわかった! スッと細見せできる服
骨格や筋肉のつき方で似合う服が違うってご存じですか? 骨格診断で自分の体型を知って、着やせ&スタイルアップを目指しましょう! 
首ヨガで年齢バレの首シワにさよなら!
メイクを完璧に決めていても、首にシワがあると、たちまち年齢がバレてしまいます。そうならないために行いたいのが『首ヨガ」。首のシワをなくして、若々しい印象を手に入れましょう!
ゲッターズ飯田さんのググっと開運引き寄せ占い
今年も残すところあと3か月! 2018年の運気を上げるために、この3か月をどう過ごせばいいのか? 驚異的な的中率を誇る最強の占い師・ゲッターズ飯田さんを緊急取材しました。
つながり過多の今だからこそ“ひとり上手”に!
フェイスブックやインスタグラムなどのSNSの普及もあって、今の日本は、つながり過多の社会です。そんな時代だからこそ、逆に「ひとり」でいることの大切さに、今、注目が集まっています。