生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

AKI (女性・香川県)

フォローする

香川在住、31歳で男児二人の子育てをしているAKIです。
アロマテラピーやハーブに少々精通しているのでそれらを取り入れた暮らしや
田舎ならではののんびり、しかし逆に新しい?生活スタイルをアップしていけたらと思っています☆よろしくお願いします☺

2017 4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
CATEGORY
ARCHIVE

2017年04月27日 00:03

息子、2歳になりました。

CATEGORY : キッズ
 こんばんは。先日、上の子が2歳の誕生日を迎えました⭐ほんとに早いもので、産まれてすぐに旦那に電話したのに全然出てくれず、やっと出たと思ったらゲームをしていたとぬかし殺意を覚えたことが昨日のことのように思い出せます‥‥(*`Д´*)おっといけない(笑)


 で、日曜日はパパと3人で淡路島へ遠出してきたのですが(下の子はばぁばとお留守番♪)、いやーとっても良いところ✨国産み伝説の残るおのころ神社でお参りし、お昼は瀬戸内海でとれたであろう絶品海鮮丼をいただき、イングランドの丘で花と動物に癒されて‥最高ッ!!淡路島ってタマネギとタコが有名なのは知ってたけれど、お花も名産品らしくそこかしこに綺麗なお花が咲き乱れててほんとに美しい島でした✨

神社で参拝







まだまだ行きたいところはあったのですが、今回は断念。是非また訪れたいです⭐

少し風邪気味なので、抗菌効果と疲労回復効果のあるレモングラスティーを飲み、そろそろ眠りにつこうかな‥

レモングラスティーはスッキリ爽やかでとっても飲みやすく大好きなので、自分でも育ててみようかともくろみ中であります( ̄∇ ̄)

























コメント 1
コメント 0
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!