生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

ゆきとママ (女性・東京都)

1990年11月04日生まれ

フォローする

1才の男の子を育児中の専業主婦です。暴れん坊でわんぱくな子供と、毎日慌ただしく過ごしています。最近は公園や児童館に遊びに行くことが多いです。
洋服、メイク、収納術、100円ショップが好きです。
よろしくお願いします。

2017 4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

2017年04月19日 23:08

自転車に大興奮!

CATEGORY : お出かけ
今日はいい天気だったので、少し遠いけど交通公園まで遊びに行きました!



交通公園に着くやいなや、豆車にダッシュ!
初めての場所だけどすぐに遊び始めました。


よほど気に入ったようでしばらく豆車に乗っていました(^-^)
家にも一台買おうかな?





他にも三輪車や自転車に乗って走行ゾーンを走りました。
もちろんまだこげないので私が押しました。

三輪車はもう少ししたら一人でこげるようになるのかな?
楽しみだね(^-^)




交通公園は乗り物好きの息子にはうってつけの場所でした!
また行こう!
コメント 1
コメント 0
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!