生活誌『saita』(咲いた)の公式ウエブページ。年齢軸にとらわれない、女性の暮らしに役立つ雑誌を目指します。

PROFILE

花津ハナヨ (女性・東京都)

フォローする

漫画家です。
娘が二人と、
(2013年7月生まれのサイと、2016年8月生まれのミミ)
猫の魔美と、
ダンナ
(娘曰く「とと」)
の4人家族です。
41歳のかあちゃんは毎日へとへとです。

著書一覧はこちらです(^O^)
http://goo.gl/2czfba

2015 8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2015年08月31日 08:06

娘チェック

CATEGORY : 育児(一人目)


髪が多すぎて腕が疲れてしまうので、毎回インターバルを挟みつつ乾かしてます… 娘がぐずたったりするとそのまま乾かせず終わるときもあるんですけど、 ここしばらくは娘に乾いたかどうかチェックされてます。 だらしない母ですいません…
コメント 4
コメント 3
「やわらかい人」はラクして疲れ知らず!
暑さに疲れてぐったり、寝ても疲れが回復しない、やる気が出ない…そんな不調を吹き飛ばすためには まず、ガチガチにかたまったカラダやココロをやわらかくすることが大切でした。
新しい水習慣でむくみやだるさがとれる!
毎日続く暑さで水分補給に気を使う時期。本来、生命維持に欠かせないはずの水なのに、無頓着になっていませんか?まず見直したい新しい水の飲み方をガイドします。
飛田和緒さんの夏の一汁一菜
「毎日のご飯は無理なく、おかずに汁もの、一汁一菜で十分です」とは、小誌連載でもおなじみの飛田和緒さん。おすすめの一汁一菜献立を教えていただきました。
バットでボウルで大人の涼感スイーツ
夏休みやお盆など、なにかと人が集まることが多い時期。ひとつの器で作ってみんなでわいわい食べられる、冷たいおやつはいかが?
夏の枯れ髪は「お嬢様洗い」でケア
夏の髪は自分が思っている以上に傷んで枯れています。さらにその傷みに追い打ちをかけているのが、日々の洗い方でした。今日から気品漂うていねいな洗い方=「お嬢様洗い」に切りかえましょう。
秋イチは「濃色トップス」に変えるだけ!
まだまだ残暑厳しいけれど、暦の上ではもう秋。そんな時季には素材は夏もの、見た目は秋っぽいトップスで季節を先取りしちゃいましょう!夏ものからのスイッチコーディネート実例をたっぷりご紹介!